2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
晏次郎さん ヒグマ防御を兼ねた観測小屋を検討中
2013-09-19 Thu 00:00
晏次郎さんが5ヶ月振りにブログ復帰。

購入をしてはみたが・・・
お住まいのすぐ近くまでヒグマが出没するようになっているらしい。人里での目撃情報は日常茶飯で、家から数百メートルでも目撃されているとなれば、小さい娘さんたちのお父さんとして気が気ではないだろう。さらに、暗がりの中での星見などおちおち楽しんでいられるはずも無い。それで防御柵としての観測小屋を検討しているそうだ。どのようなものになるか、これは楽しみだ。

八年振りのアカガシラサギ
台風18号による被害は晏次郎さんのところにも及んで、刈り取り前の稲が酷く倒伏してしまったらしい。毎年何かしらアクシデントがあるようで、「今年は刈り取りまで順調だった」という話はなかなか聞けない。
アカガシラサギ、ド派手な配色のシラサギだ。

3日連続の快晴。しかし、月齢13の月のおかげで夏の大三角くらいしか見えていないので今夜は観測無し。
別窓 | 星のサイト | コメント:0
<<iOS7 さっそくアップデート | 霞ヶ浦天体観測隊 | スパムコメント多数のため画像認証付きコメント入力へ変更>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター