2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
怪しき露店のホロスペックスフィルム(?)
2013-06-29 Sat 00:00
rikako先生の「おもしろ!ふしぎ?実験隊」の過去記事の中にホロスペクスフィルムを紹介する記事があった。ここにある骨が透けて見える写真を見て我がおバカ育成期のことを思い出した。

1306281.jpg小学生の時、昭和40年頃のある日の午後、どこからともなくやって来た怪しげなおじさんが小学校の近くで露店を拡げて下校時刻を待っていた。手品のタネやら謎めいたおもちゃやら子どもの興味をそそりそうなものばかりを並べた露店が下校時の小学校正門の真向かいの空き地に突如として現れるのだから、そりゃもう入れ食い状態だ。この前こんなおじさんを見たのは1年も前になるだろうか、このときを逃すと次はいつ手に入るか分からない。家へすっ飛んで帰ってなけなしのお小遣いを握って舞い戻り露店の品々を物色する。その中に骨や鉛筆が透けて見えるスコープがあった。私、買いました。まさにrikako先生の記事の写真の様に見えたことを覚えている。でも、一週間もすればもう見るものも無いので、お決まりの分解へ。外見は筒先に「ちり紙」のような物が張ってあるだけ、きっと筒内に何か仕掛けがあるはずとその「ちり紙」を取り除いてみたところ、なんとただの筒だ。それならば「ちり紙」でも代用できるかもしれないと筒先に「ちり紙」を張ってみた。でも骨は透けて見えない。当たり前か。rikako先生の記事とそのリンク先のおかげで、いま40数年振りに謎が解けた。おバカな小学生のおバカな銭失いだったが、この記事のネタになったので元は取れたということにしよう。
別窓 | 天文少年の時代 | コメント:6
<<はい、皆曇 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 新記録ならずかと思いきや連続皆曇記録更新、トホホ>>
この記事のコメント
ぼくも幼少の折、祭りか何かで骨が透けるスコープを見かけました。買わなかったけど。怪しいグッズより怪しい食べ物の方が好きでした(笑)

光の回折を利用したおもちゃですね。「ちり紙」のランダムな隙間が指と指の間の光をぼんやりと広げさせて「半影」の部分を作り出します。ちょうど金環日食で影が二重に見える、あの感じにそっくりですね。

ランダムではなく、規則正しい隙間だと、光の広がり方も規則正しくなります。このとき干渉まで利用すると、光の広がりの強弱や位置、方向を意図的に作り出せます。かすてんさんご利用のバーティノフマスクもこの類です。フーリエ変換などを使って計算し、もっと細かい特殊な模様の隙間にしたのがホロスペックスのシートです。ハートマークやニコちゃんマークなどいろいろあります。フーリエ変換の性質上、パターンは点対称に二つ出てしまいますが、最近は非対称の絵も描けるようです。

フィルム現像ができる人なら、太陽撮影でよく使われたミニコピーなどの高コントラストフィルムを使い、オリジナルパターンのシート自作も可能です。若い頃(?)はまってました^_^;;
2013-06-29 Sat 01:32 | URL | みゃお #chDfx1pU[ 内容変更]
ティッシュペーパーを透した指の影を注意深く見ると周囲に半影が出ていますがちょっと見には気づかないほどです。当時の「ちり紙」は現在のティッシュほどには繊維が均一でなかったのでもっと不明瞭だったかな?
2013-06-29 Sat 08:32 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
回折現象にまつわる思い出ですか。
私もこの「骨が見える実験」は子どもの時に体験したことがあります。でも、どうやって見たかは憶えていません。玩具のスコープは記憶にないので、たぶん鳥の羽根を使って見たのでしょう。試しに今、季節外れの「赤い羽根」で試してみるとはっきりと見えました。「骨が見える事実」については、小学校のクラスメートから聞いたように憶えています。

 子どものころの回折の思い出がほかにないか思い出してみると、望遠鏡で金星を見た時のことを思い出しました。金星が自宅の母屋の屋根の上にあるのを屈折望遠鏡で見ていると、そのうちに屋根に隠れるのですが、その隠れる段階で、金星の光が縦長の色つきの筋になりだんだんと暗くなりながら消えていきました。その時はただただ美しいと思って見ていました。
 特に不思議ということは考えず「光というものはこういうもんなんだな」くらいで済ましていたように思います。望遠鏡に限らず不思議な現象は当時はいっぱいありましたからいちいち掘り下げてられませんでしたね。
2013-06-29 Sat 08:56 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
こうしてみると、怪しいおじさんが持って来た「骨が透けるスコープ」などの怪しげな品々は、私だけでなく多くの健全な科学少年を育てた歴史的物品だったと言えますね。さすがに保存されている人はいないかな。
2013-06-29 Sat 14:30 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
実は私はこれ(骨が透けるスコープ)知りませんでした。
で、さっそくやってみました。
SUさんと同じく、職場にだいぶ前の「赤い羽根」があったので。いやまあ、本当に骨が透けて見えるようにみえるものですね。
ところが面白いのはこのあとで、観望会の常連の方に見せたら全然驚かない、なんでか訊いたら「子供のころに怪しいおじさんから買った」とのことでした。さらに、ずっとこのスコープを作りたいと思っていたそうです(今も)。
なのでこのブログと「おもしろ!ふしぎ?実験隊」を教えてしまいました。
近いうちに完成品が届くかもしれません。
2013-06-29 Sat 22:23 | URL | tochiro #kmupf2Ds[ 内容変更]
凄い感染力!県西のtochiroさんのところまで話が飛びましたか。怪しいおじさんの蒔いたタネは私だけでなくそのご常連さんの心の中にも生き続けていたのですね。怪しいおじさんは図らずも日本全国の子どもの心に科学のタネを蒔いて歩いていたことになるのだなぁ。もうこういう怪しいおじさんは絶滅してしまったのでしょうか?
2013-06-29 Sat 23:08 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター