2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
ハザードラボの地震予測が消えた茨城県南
2013-03-30 Sat 00:00
1303292.jpg予測の精度が高いと噂の地震予測検証 防災情報「Hazard Lab(ハザードラボ)」だが、久しぶりに茨城県から地震予測の印が消えた(北茨城はちょっと掛かっているが)。3日前、縦揺れで始まる震度3の地震が続けて2件あって冷やりとした。首都直下と言われる大地震の予測震源域の一つが今住んでいる茨城県南だから縦揺れ地震には緊張する。ハザードラボの地震予測の印が消えたので安心と感じたという意味ではなく、すぐに再点灯するであろう危うい地雷原の上に住んでいることを改めて考えさせられたということだ。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:2
<<GLOBE at NIGHT 第4回 | 霞ヶ浦天体観測隊 | パンスターズ彗星を観測できる時期と時間帯を調べてみた>>
この記事のコメント
>縦揺れ
 茨城県南直下では、断層型、プレート境界型を問わず、有史以来に震度6強以上の地震は起こっていないのではないかと思いますので、もし起これば1000年に1度クラスですから、まあ予測できるものでもないと思いますよ。よほどめったに起こらないか、起こったらよほど恐いかどちらかだと思います。
 首都直下と太平洋震源型はいつでも起こりえますから、いずれにしても備えは常に必要ですね。
2013-03-30 Sat 10:55 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
地震と言うのは収まってみればなぁんだということが多いのですが、揺れ始めはどこへ向かうか知れず心臓に悪いです。
2013-03-30 Sat 14:27 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター