2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
こうならざるを得ない未来
2012-11-21 Wed 00:00
・田坂広志:『原発の未来をめぐる七つの誤解』
 10月18日記事でご紹介した田坂広志氏が、「「原発ゼロ社会」は選択の問題ではなく、不可避の現実である」事を中心に語った自​由報道協会での記者会見の記録。今後、私たちはどういう方向へ向かって何をして行くべきかをここまで具体的かつ明瞭に語る人は残念ながらまだ少ない。政治的な進展や揺り戻しはあるだろうが、こうならざるを得ない未来がここに示されている。2012年、必見の動画!
 →ニコニコ生放送:元内閣官房参与・工学博士 田​坂広志氏 記者会見 主催:自​由報道協会

・NHK の森本アナは『NHK スペシャル”原発事故調 最終報告”』でメインキャスター
 逮捕の報道を聞いた瞬間、原発関連でなにか発言したのか?と思った。この程度の2次的関与でも陰謀に嵌めなければならないほど切羽詰まってきたということか。田坂氏の未来予測を聞くまでも無く原発は近い将来止めざるを得ないだろうに、それまでに幾多の被害者を生み出すつもりだろうか。

・スギ林の放射能汚染
 茨城南部の杉林の汚染状況。

・『アメリカの傀儡ロボット政治国・日本に、「宗主国アメリカの崩壊」が襲いかかる?
・『週のはじめに考える 私たちを侮辱するな』(東京新聞社説) ~私たちは侮辱の中に生きている~
・『国破れて 山河も死せり』 ~放射能汚染され、着実に失われる日本の原風景~
・震災瓦礫処理を”利権化”し、これに異を唱える市民を罵倒する橋下徹の愚 ~「勝手な国民増えた」~

・内田樹:幼児化する政治とフェアプレイ精神
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0
<<『奇妙な42の星たち』とJocelyn Bell Burnell | 霞ヶ浦天体観測隊 | 踏み台昇降の効果>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター