2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
原発は今後チビチビ使うしか無い
2012-11-16 Fri 00:00
・「千と千尋の神隠し」で、主人公は親の尻拭いをさせられていましたね。

・小沢一郎氏無罪!「歴史家はこの日のことを特記すべきだ。これは紛れもない国家犯罪だからだ。」

・BS1スペシャル エネルギーシフトへの挑戦 「第1部 エイモリー・ロビンスからのメッセージ」
・BS1スペシャル エネルギーシフトへの挑戦 「第2部 2030年の未来を描く」
 未来への希望を提示してくれるという点でお勧めの番組。第2部の討論に出席の秋本圭吾氏だけがことごとくに歯切れの悪いネガティブ意見を付け加えていたのが却って印象的だったが、経団連系の学者ということでそれも納得できた。

・原発多数基立地 取り扱い検討へ
 表向きの議論は事故対策だが、本音は使用済み核燃料の貯蔵だろう。保管場所が無いのだから、原発は今後チビチビ使うしか無い。であれば、1基だけ運転して残りは廃炉作業を始めるとかにせざるを得ないだろう。
 肥溜めが溢れそうな場合、マンションのトイレのいくつかを閉鎖してもダメだし、ウンコやオシッコをチビチビするということも出来ない。ウンコやオシッコをする人間の数を減らすしか無いのだ。トイレに群がる、すなわち原発利権に群がる人間を減らすしか道はない。これは本人らが一番良く分かっているのではないか。

・海外の反応
 海外の反応を直接得ることができれば、ものの見方や行動も随分と違って来ると思う。英語力の無い自分の弱点、日本の弱点。

・北海道新聞はいつ小沢無罪の説明責任を果たすのですか

・新聞社〜あまりにもアンフェアー
 「マスゴミの本質はアンフェアー」は今更ながら世の常識として定着。

・橋下は〜当選したら何でもありと勘違いしてるようだ
 勘違いではなくて、それが橋下の本音、政治手法。嘘つき野田ブタとなんら変わりない。

・潮来市日の出地区 地下水くみ上げ 液状化防止実験
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:2
<<ハーゲンローザー彗星 ちょっとピンぼけ | 霞ヶ浦天体観測隊 | リニア彗星(C/2012 K5)のすぐ横をISSが通過>>
この記事のコメント
>エネルギーシフト
 近未来のエネルギーとして実現できること、できないことは何なのでしょうね。関係する工学研究者ならある程度予想は立つのではないかと思うのですが、大勢の見方が出てこないのでよくわかりません。

 たとえば、太陽電池パネルにしても、あれで将来どれだけのエネルギーがまかなえるようになって電気代がいくらになるのか、製造コストとエネルギー効率の予想が誤差付きでわかれば、相当正確な計算できるのではないかと思いますが、みんな目先の儲けにはばかられてちゃんとした予想を公表していないのではないかと思います。

 国民の税金を使って研究をしてもらっているのに、こんなことで国の責任が果たせるのか。選挙もありますし、各党で研究を集約していただいて、エネルギー経費の収支予想を出してほしいものだと思います。

>「マスゴミの本質はアンフェアー」
 これについて最近感じるのは、沖縄のオスプレイ配備問題や米兵の起こした事件の問題についてのテレビのインタビューです。なぜ、沖縄の人や沖縄県知事にばかり尋ねるのでしょうか。日本全体の問題ですから、残りの46都道府県の人や知事にも尋ねるべきです。そうすると様々な意見が出てきて議論が広がり問題解決に向けて前進すると思います。沖縄にあってよくない物は日本中どこにあってもよくないのか、それとも日本中のどこかにはなくてはならないものなのかはっきりするでしょう。

 日本政府は沖縄の人の意見など聞く気は少しもないのに、国民には沖縄の人のインタビューばかりを聞かせるとは本当にマスゴミはインチキばかりで役に立ちません。
2012-11-17 Sat 07:06 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>関係する工学研究者ならある程度予想は立つのではないかと思うのですが、大勢の見方が出てこないのでよくわかりません。

分かっていても、大勢を乱さない様に内緒にしておく。おかげでいつまでたっても未来への希望が見えてきません。どちらの側に立つにしても、原発に未来への希望を見い出せるとは思えません。日本の人の中から夢を語れる人が出て来ないのが不思議です。

>マスゴミはインチキばかり

犬HKなど、視聴者が気づいてしまわない様に事の本質を分からない様にニュースを流しています。
2012-11-17 Sat 20:50 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター