2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
『月のえくぼ(クレーター)を見た男 麻田剛立』
2012-09-11 Tue 00:00
1209092.jpg 『月のえくぼを見た男 麻田剛立』
     鹿毛敏夫著 くもん出版 1400円 2008年

渋川春海をモデルにした映画『天地明察』公開が話題になっているからというわけでもないのだが、S.Uさんの一連の研究(東亜天文学会『天界』、日本ハーシェル協会ニューズレター、西中筋天文同好会『銀河鉄道』などに掲載)や金井三男さんの書評で興味を持った麻田剛立の伝記本を地元の図書室で借りて来た。

麻田剛立最大の仕事である正確な暦の編纂と深く関わっている日食・月食の観測については多くのページを割いて書かれている。不食7回を含めると生涯に50回もの日食・月食観測を行っているようだが、本書を読んでいると雨や曇りに邪魔されたという記述が全くない。当時の日本は晴天率が格段に高かったのだろうか。本書は子どもが読んでも飽きない様にという配慮からだと思うが、観測や計算の具体的な記述が省かれているため物足りなさを感じる。その辺りを補ってもらえると天文学史の紹介書として深まると感じた。

金井氏は書評で「児童書コーナーに置かれるべき本ではない」と書いているが、「子どもと大人が共有できる新しい児童文学」と出版社は独自のカテゴリーを想定しているようなので児童書コーナーに置いても良いと思うし、地元の図書室でもやはり児童書に分類されていた。もちろん、誰が読んでも楽しめる本だという評価に変わりはないが。

月面には麻田剛立に因んだ「アサダ」クレーターがあるそうだ。危機の海に面した静かの海の縁で直径12km程らしいので、次の機会に見てみよう。
別窓 | 星の本 | コメント:6
<<すべては「気づき」 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 『天文学辞典』 シリーズ現代の天文学 別巻>>
この記事のコメント
麻田剛立の伝記をご紹介いただきありがとうございます。

 私は、この本を読んでいないのですが、子ども向きの伝記にも剛立が酒好きだったことが肯定的に書かれていますでしょうか?

 また、麻田剛立とは直接関係ありませんが、彼と「同年代」のハーシェルの発見した天王星の観察のキャンペーン期間が今夜から始まりますので、できましたらまたレポートをよろしくお願いいたします。

http://www.d1.dion.ne.jp/~ueharas/hsjsub/herschelwatch2012/
2012-09-11 Tue 07:03 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>麻田剛立

おや、麻田剛立研究者のS.Uさんがこの本を読まれていないですか。子どもにも読みやすく書かれているのでざっくり把握するには格好です。

>酒好きだったこと

エピソードとしては無かったです。

>ハーシェルキャンペーン

天王星やNGC243が早い時刻にも望遠鏡の視界に入って来る時期なりました。
2012-09-11 Tue 07:27 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>この本を読まれていないですか。子どもにも読みやすく書かれているのでざっくり把握するには格好です。

 そうなんですよ。読みたいと思っているのですが、目にする機会がこれまでありません。子ども向けに酒飲みの評価はちょっと合わないかもしれませんね。私はそういうところが好きなんですけれど。

 剛立の評伝としては、同じ鹿毛氏が著書に入っている大人向けのものを読みました。大阪の月食等の観測地についての調査などが載っています。

http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA46660533
2012-09-11 Tue 08:13 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>大阪の月食等の観測地についての調査など

先事館の錚々たるメンバーたちによる観測風景はまさに「大阪本町天体観測隊」といった感じです。
2012-09-11 Tue 12:11 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>『月のえくぼを見た男 麻田剛立』
半年物へのコメントですみませんが、この本読みましたよ。某市のこども図書館で見つけまして、そこで読了しました。

 非常に面白く書かれていて子どもに独占させるには惜しいです。特に、大人向けの剛立伝記で見たことがないエピソードも書かれています。出典がどこなのか、あるいは著者の創作も入っているのか少し気になりますが、作品として見れば新鮮です。

 いっぽう「酒飲みの評価」は確かに書かれていません。私は、子ども向けでもこれは外せないと思うのですが、大人向けと子ども向けで、著者がエピソードを選り分けていているとすれば、余裕の手腕だと思います。
 
 著者の鹿毛氏は、私たちよりも少し若い世代の方で、文系出身で工業高専の先生だそうです。今後とも理系・文系の両方向に日本科学史を掘り下げていただき、それを面白く紹介して日本の若い人達を刺激して下さるよう期待するところが大きいです。
2013-04-20 Sat 07:14 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
この本は、麻田剛立の小伝記としても、また近世天文学に関する参考書としても、大人子ども関係なく楽しめる本ですよね。
2013-04-20 Sat 08:37 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター