2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
快夜一歩手前の惜しい夜
2012-09-09 Sun 00:00
120908.jpg今夜は星ネタの手持ちが無いから話題探しにと観測小屋の屋根を開けてみた。午後に降ったスコールのおかげかかなり良い空だ。夏の大三角からカシオペア座に掛けて天の川がかなりはっきりと見えている。また、5cm双眼鏡でM33の存在がほんのり分かるのだからけっこう透明度は高いと言える。

1209082.png今夜の観測:R CrB11.9等、AF Cyg7.6等、V568 Cyg6.5等、X Cyg6.3等、X Her7.3等、β Lyr3.8等、R Sct5.9等。β Lyrは昨夜3.4等と報告したが、今夜はどう見ても3.8等だ。雲量で目測値がかなり違ってしまうだろう。かんむり座Rを3週間ぶりに撮影した。他の報告も参考にすると、わずかではあるが増光の兆しが感じられる。
別窓 | 観測日記 | コメント:0
<<『天文学辞典』 シリーズ現代の天文学 別巻 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 秋の気配も白い夜空>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター