2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
ビッグブック『100かいだてのいえ』
2012-08-25 Sat 00:00
120817.jpg 『100かいだてのいえ』 岩井俊雄 偕成社 8000円 2009年

友だちが子連れで土星を見に来た話はこの前書いたが、小さな子どもの事だから星だけでは退屈するだろうと思い、図書室で表題のような本を借りておいた。ビッグブックというだけに長さ115cmの細長い本(左上写真)。

1208074.jpg内容は見ずに借りて来たのだが、帰宅してページをめくって見ると、星好きのトチくんが右写真のように1階から100階まで各階の住人と出会いながらずんずん登って行く構成。そして、100階にはなんと望遠鏡があってそこから宇宙を眺めるお話だった(左下写真)。1208075.jpg子どもたち用に借りて来たのだが、ブログのネタにもなって自分が楽しませてもらった。

で、子どもたちはというと、、ほとんど興味を示さなかった。
別窓 | 星の本 | コメント:0
<<自分を認めてくれる誰かがきっとどこかに居るはず | 霞ヶ浦天体観測隊 | フライングですがNGC253>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター