2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
開沼 博『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』
2012-05-02 Wed 00:00
120407.jpg 『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』
     開沼博著 青土社 2011年 2310円

福島原発事故へ至る原発ムラの成り立ちについて社会学の視点から論じた本書の原型となる原稿は、奇しくも2011年春の3.11直前に提出されていた修士論文だ。

私にとって社会学というのはなじみの薄い学問分野で、高校時代に世界史の先生から「大学へ行ったら『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(プロ倫)を読むように」と言われながら結局最後までは読み切れずに放置した経験があって、それ以外には社会学徒だったヨメさんから時々の話題を漏れ聞く程度の分野だ。本書は福一事故直後から話題になっていたが、読みやすくはなかったというのが私の正直な感想だ。

400頁を越える本書の全体をまとめることはとてもできないが、私が興味を感じた部分についてのキーワードをいくつか並べるならば、貧しい福島、豊かな都市への憧れ、豊かな地元実現への期待を込めて原発誘致へ飛びついてしまった、気づいたら抜け出せなくなっていた、その構造からの転換の試みは中断、となる。おそらく著者が言いたいのは、単純に貧しい田舎が原発を押し付けられたということではなく、これも受け売りではあるが、ジョン・ダワー『敗北を抱きしめて』にも通じるものがありそうで、福島も原発が負の資産であることを分かった上でそれ全体を抱きしめたということになるのだろう。

ただ、この一見地元も共犯に見える構造自体が、搾取する豊かな都市と搾取される貧しい地方という大枠がすでにあったからこそ、原発マネーの呪縛に絡み取られて行ったものであって、これは麻薬を流す者と麻薬患者の関係に酷似していて、麻薬を流す者の責任が減じられる理由にはならない。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:18
<<4月の晴天日数 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 5月の星空予習>>
この記事のコメント
もう40年以上前のことになりますが、原子力は日本の未来だと言われていましたから、地方が日本全体を率いる機会という意識もあったように思います。世の中が上向いているときは、どのような宣伝も容易だったのでしょう。
 今はまったく逆で、長い郷土の歴史が、1回の事故で何十年も何百年も途切れることは許されないと考える人が多いでしょう。

 うろ覚えですが、私の故郷では、若狭湾の原発が動く前?(1966年頃?)に計画停電が頻繁にありました。昼間で曜日もだいたい決まっていたようなのですが、あれは何のためだったのでしょうか。

余談の宣伝ですが、我らが天文同好会会誌の発行を行いました。またURLをご訪問下さいましたら幸いです。
2012-05-02 Wed 07:29 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
かすてんさん みなさんこんにちは

ずっと昔、
原発に間接的に関わっている行政の人たちに是非の意見を聞いてみると、「原発がないと地域の電気が足りなくなるで必要」だと力説していたものです。
たぶん今でもそう考えていると思うし、同じ質問をしたら同じ答えになるんじゃなかろうか?と思います。みんな善良な方々ですし。

でも、
現にこうやって泊の1箇所を除き全国の50近い原発が発電停止しても誰も電気に困っていない状況を見ると「実はそんなことは全然ない」と分かるわけです。夏場の極短い時間のピーク時さえ解決できれば通年で問題ないですし。

関係者に「足りない」と信じさせる巧妙な誘導はあっぱれなものだと思います。
計画停電も同様に効率の良い洗脳手段の一つにしか過ぎないだろうと思います。面白い事に、こちらの地域では全くそういう話は聞かないんです。発電依存率が他の地域よりも全然高いにも関わらず。

原発が建設されることによる地方への税金投入は凄まじいものがあるのですが、地方が「要らない」と言っても「いいから黙って受け取れ、そうしないと夜道を歩けなくなるよ」というおどしまがいのことが裏であったであろうことは、なんとなく感じていました。

こちらでは、当時の知事は社会党で建設反対だったはずなのに、途中から唐突に反転したのです。
そのときの議会の攻防のテレビドキュメントが放送されたことがあります。委員会か議会の建設再審査要求に対する拒否権が知事にあったのですが、結局それを行使したのです。そのときの知事の非常に苦しそうな表情が裏の事情を物語っていました。
前福島県知事も信憑性の怪しいスキャンダルで追い出されたくらいですから、なにをしでかすかわかりません。本当に夜道を歩けなくなりますよね。名古屋では産廃施設の建設に反対だった首長が襲われて半死の重症になったことがあるくらいですから、権力にたてつくのは怖いことかもしれませんね。

憶測ですけど。(笑
2012-05-02 Wed 11:41 | URL | HG #-[ 内容変更]
>地方が日本全体を率いる機会という意識もあったように思います。

S.Uさん、鋭いです。原発を抱きしめるに至った根底にはそういう気分が深く根ざしていたようです。

>我らが天文同好会会誌の発行を行いました。

西中筋天文同好会の機関誌『銀河鉄道』が今年の秋で創刊40周年を迎えられるとのこと、すばらしいですね。一読者の無責任な希望ですが、火を守り続けているS.Uさんが頑張っている普段の号とはちょっとちがった構成になるのを期待しています。
2012-05-02 Wed 20:56 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
HGさん

>地方が「要らない」と言っても「いいから黙って受け取れ、そうしないと夜道を歩けなくなるよ」というおどしまがいのことが裏であったであろうことは、なんとなく感じていました。

まさに麻薬売買と同じ構造ですよね。

>前福島県知事も信憑性の怪しいスキャンダルで追い出されたくらいですから、なにをしでかすかわかりません。

前福島県知事の佐藤栄佐久氏は、福島県が原発中毒から生還するための策を考えていたのでしょうが、やはり原発シンジケートに陥れられてしまいました。これも麻薬問題と同じですね。
2012-05-02 Wed 21:06 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>普段の号とはちょっとちがった構成
 ご期待をいただきありがとうございます。さてどうなるか適度な期待を持って見守ってやってください。(実は、すでに30周年記念号という実績があって、WWW版第9号にそれが示されています。)
2012-05-03 Thu 10:05 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>すでに30周年記念号という実績があって

他の号にもときどき書かれる田中氏や女子会員の方の投稿を拝見しました。バックナンバーを見始めると、次々に見てしまうんですよね。印刷版の第48号などは大学3年生頃の発行ですか。まだ手書きが当たり前でしたね。余程のマニアでない限りパソコンを持っていませんでしたし、それよりもなによりも当時はまだ使えるレベルのワープロソフトはありませんでした(ようやく漢字を表示できる様になった頃ですから)。その後10年ほどしてワープロ専用機が普及し始め、さらにその後IBMPC、Mac、そしてWinの時代へと続きます。
2012-05-03 Thu 22:40 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>その後10年ほどして
 古いバックナンバーをご覧下さりありがとうございます。
 実は、この印刷版第48号を発行した時点で、すでに「第50号記念号」の構想を練っていて、表紙デザインまで考えていました。でも、その後、休刊のやむなきに至りました。
 
 実際の第50号は、18年前の構想を大きくぶち破るWWW版第1号というかたちになりました。印刷版の第49号はおもにパソコンワープロと電子コピーで編集されています。
2012-05-04 Fri 09:28 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>その後、休刊のやむなきに至り
>実際の第50号は、18年前の構想を大きくぶち破るWWW版第1号

No.48からWebNo.2までの発行年とS.Uさんの学年を並べて観察。これに研究経歴を重ねてみると、休刊時期はきっと子育てや研究に忙しかったのだろうことが想像されました。ところで、今気づいたのですが、去年の9月の番組見逃していました。内緒にしていたでしょう?
2012-05-04 Fri 13:08 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>No.48からWebNo.2までの発行年
 実際には、個人的な事情よりもWebが発明されて誰でも発信できるようになったことがきっかけだと思います。こういう技術が何かに生かせないだろうかということを考えました。Webがなかったら、たぶん、10年ごとの記念号くらいしか出なかったと思います。

>去年の9月の番組
 はて、何のことですやろ?(笑)
 
 ひょっとして、BSプレミアムの番組のことですか?
 内緒にしていたわけではありませんが、十数秒くらいしか出ないですからね。でも、ホーキング博士がタイトルに入った番組ですから、自分としては1秒でも光栄です。
2012-05-04 Fri 17:13 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>こういう技術が何かに生かせないだろうかということを考えました。

日本でインターネットが商業ベースに乗ったのは90年代に入ってからだと思いますが、研究機関の間ではそれ以前から使われていたのですよね。KEKでも当然80年代からでしょうか?

私は94年に最初のMacを購入してすぐにインターネットに繋ぎました。しかし、自分のHPを最初に公開したのは2000年です。

>Webがなかったら、たぶん、10年ごとの記念号くらいしか出なかったと思います。

確かに、必要なエネルギーはかなり違うと思います。そして、Web版になると、同好会メンバーにだけ発信しているのとは異なるスタイルにならざるを得ませんね。

>十数秒くらいしか出ないですからね。

いやいや、天下のNHKの時間を15秒占有すると言うのはすごいことです。ホーキング博士がタイトルに入った番組ですからご覧になった方も多かったのではないでしょうか。
2012-05-04 Fri 22:36 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>KEKでも当然80年代から
80年代にインターネットはありましたが、使うのはほぼ電子メールだけでした。1992年にKEKで日本初のWWWが現れた頃も文字ばかりでした。それ以前から、BITNET(電子メール)やアスキーネット(掲示板)があったので、特に新奇な感じはしませんでした。

 画期的だったのは、やはり、MacのMosaicで画像が見られるようになってからで、それはかすてんさんが最初に接続された頃(1993年か)です。

>自分のHPを最初に公開したのは2000年です
 これは西中筋天文同好会の今のHPと同じです。

>ホーキング博士がタイトルに入った番組
 私の15秒はともかくとして、ホーキング博士のほかに佐藤勝彦先生も出演され、時間の謎に頭を悩ますとともに最後は夢がかなうような楽しい番組に仕上がっています。機会があればご覧下さい。今さらの宣伝ですみません。
2012-05-05 Sat 07:58 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>Mosaic

そうでしたね。私がインターネットに接続した時にはMosaicはありました。しかし、画像があると遅々として進まなくなったり、フリーズしたりでした。でも、世界中に繋がっている気分は新鮮でした。Mosaicはまもなくネスケに取って代わられました。

>機会があればご覧下さい。

おそらく再放送の機会があると思います。
2012-05-05 Sat 08:25 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>、画像があると遅々として進まなくなったり、フリーズしたりでした

 当時は数KB/sが実効で出れば「高速回線」だったんじゃないでしょうか。一般向けは「9600ボー」と呼ばれていましたね。
2012-05-05 Sat 08:52 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>一般向けは「9600ボー」と呼ばれていましたね。

一般電話回線を使っていましたから、画像送受信は負荷が大きかったはずです。その後ISDNへ替えた時には夢の様な快適さでした。インターネット以前にNECのPC-8001を使いながら音響カプラでBBSを利用していましたが、アルファベットテキスト送受信のみなだったので却ってストレスが少なかったです。
2012-05-05 Sat 09:36 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>音響カプラでBBS
 おぉ、かすてんさんは先進的でしたね。私らの「銀河鉄道」WWW版のNo.3くらいまではアナログモデムでアップしたものです。

>アルファベットテキスト送受信のみだったで却ってストレスが少なかった

 「ネットサーフィン」で大きな画像がひっかかりでもしたら、ここでトイレに行こうか(あるいはお茶でも入れようか)、という感じでしたね。
2012-05-05 Sat 12:01 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>かすてんさんは先進的でしたね。

その時期だけですけどね。私はPC-8001を持っていましたが、ゲームとかにはあまり興味が無く、自分が欲しいユーティリティソフトを自分のために作るのが楽しかったですね。フロッピーディスクのデータに直接アクセスできるソフトをアッセンブラで書きましたが、当時としてはかなり高速だったと思います。直接書き込みも出来るので危険なソフトでもありましたが。後は、友達がパソコンを買ったらとりあえずRS-232Cで通信をしてみましたね。あの頃の個人のパソコンでRS-232Cを使ってもらえたのはごくごく少数だったのではないかと思います。

その後、パソコンと縁のない期間が10年ほどあって、以後Macを使い始めましたがその頃には完成度の高いソフトが沢山出ていましたので、作る必要が無くなりました。それでも現在の日常業務に使うメインのソフトは自作なので、数百万円は浮いているはずです。
2012-05-05 Sat 13:10 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>ユーティリティソフト
 そうですね。当時はちょっとしたソフトは、買うというセンスはなくて、自分で作った方が早い、という感覚でした。昔はファイルメディアの形式がマシンによって違ったので、RS-232C通信はファイル転送に役立ちました。
 
 今でも、他人の作例との互換性を気にしなければ、機能が多い割にかゆいところに手が届かない市販のソフトよりも自作のほうが便利でしょうね。それにどれだけの時間が割けるかというのが本質的ですが。
2012-05-05 Sat 17:08 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>それにどれだけの時間が割けるかというのが本質的ですが。

まったくもってそこです。私が使っているのは、もともとリレーショナルデータベース開発用として作られた仏製の4Dというソフトですが、バージョンを重ねる度に、統合開発プラットフォームへと進化してきました。全体を理解できれば様々な面白いことが出来るはずなのですが、講習会へ参加するなど勉強する時間が無いので機能の1000分の1も利用できていないと感じています。それでもものすごくパワフルですけど。
http://www.4d.com/jp/
2012-05-05 Sat 19:14 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター