2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
病気も津波のせいなのか?
2012-03-22 Thu 00:00
・徳島県、ガレキ受け入れない至極真っ当な理由

・東日本大震災後に心不全が有意に増加、ACS、脳卒中も
 「東日本大震災では地震に加え、津波の被害が甚大であったことから、被災者のストレスは多大であったと推定される」。おいおい、過去の大震災と違うのは津波かよ。「肺炎が沿岸部で有意に多かった点については、津波後の粉塵あるいは冬季であったことの寒冷も関連していると考えられ、このことが心不全増加に関与した可能性が高い」。おいおい、沿岸部で多い理由も津波かよ。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:2 | トラックバック:0
<<火星 南縁の白さが際立っている | 霞ヶ浦天体観測隊 | M95の超新星 SN2012aw>>
この記事のコメント
>徳島県、ガレキ受け入れない至極真っ当な理由
 放射性物質に関する合理的な考え方のもとにガレキの受け入れについて検討している徳島県は偉いと思います。

 これと逆に深く考えずに絆やら「糸¥」だけにつられて受け入れる自治体は、放射能の強い灰が生じた場合、¥の切れたあと結局は環境に気楽に散逸させることになるのだと思います。ですから、どうしても広域処理が必要なら、政府の役人が焼却後に焼却場に放射性物質の検査に訪れて、その保管と処理の方法をいちいち具体的に指示する必要があります。焼却前のガレキの放射線濃度をいくら測っても無意味です。当然の話だと思うのですが、今までこういう議論をいちども聞いたことがないとは、国の役人は道理のわからん人ばかりなのでしょうか。
2012-03-22 Thu 07:27 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>¥の切れたあと結局は環境に気楽に散逸させることになるのだと思います。

先の先のリスクなどまで熟慮した上でのガレキ受け入れとはとても思えませんので、後は無責任に管理放棄、やりかねません。

>焼却前のガレキの放射線濃度をいくら測っても無意味

どこかの首長が、ガレキの山の放射線量は問題にならないくらい低いのだと言っているのを紹介するサイトがありました。この首長は焼却灰が何万倍にも濃縮されることまで頭が回っているとは思えません。
2012-03-22 Thu 19:19 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター