2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
世の中の方向を決定して来たのは無関心層かも
2012-03-13 Tue 00:00
・「ま!」 
 事故から1年目のこの日にこの人が発っしたこれは多くの人の心にいつまでもトゲの様に残るだろう。

・「実はたった1世代」ってモノや慣習は無数にある。

・4号機の危険性
 ・アーニー・ガンダーセン:
  ・死者18万6000人、がんリスク100万件、原状回復20兆円
 ・私設原子力情報室:
  ・4号機 核燃料プールの危険性【1】
  ・4号機 核燃料プールの危険性【2】

・南相馬の黒い物質

・ガレキが命を守る森になる!
 こういう方法があるのか。シイ・タブ・カシ、、、その土地本来の樹木、潜在的主木の復活、宮脇昭先生の思想は一貫している。
 →一志治夫著:魂の森を行け 3000万本の木を植えた男の物語

・ドイツ放射線防護協会によるフクシマ事故に関する報道発表
 ドイツ放射線防護協会は「がれきの拡散は『放射能汚染物質希釈禁止』の国際合意に抵触していると日本政府へ勧告しているらしいが、ここでいう『放射能汚染物質希釈禁止』の国際合意についてもう少し詳しい情報は無いだろうか。

・原発推進派が強いのは、マジョリティの無関心を得ているから
 考えようによっては、いつの時代も世の中の方向を決定して来たのは無関心層なのかも。

・山名元・京大教授はアホだろう

・上原公子元国立市長「住民の意志を反映した行政実現のために全力投球した市長個人が、求償という形で責任を負うことは国立市民の長い市民自治の闘いを否定するに等しいものです。」
 公約の実現に奔走して反対派に訴えられ被告となるくらいならば、公約、なにそれ?ととぼけている方が安泰か。

・逮捕されたNHK迫間崇ディレクターが制作していた素晴らしいドキュメンタリー
・逮捕されたNHK迫間崇ディレクターが制作していた素晴らしいドキュメンタリー
 また、嵌められたようだ。見え見えの同じ手口。ディレクター個人というよりもNHKへの脅しなのだろう。屈っしないでNHK。

・霞ケ浦の放射能汚染 市民らモニタリング
・霞ケ浦流入河川の土壌を独自調査 アサザ基金
・流入河川の全域調査開始 アサザ基金が霞ケ浦の放射能対策で
 ようやく霞ヶ浦の調査が始まった。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:9 | トラックバック:0
<<西風の収まる夜半が稼ぎ時 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 「GLOBE at Night」第3回は明日から10日間>>
この記事のコメント
>ようやく霞ヶ浦の調査が始まった
 霞ヶ浦では、放射性物質は今後も増えると考えられますから、今からでも遅いと言うことはないでしょうね。

 今後、いったんピークに達してから減少するのだと予想します。ピークを過ぎたことが確実に確認されるまで末永く測定を続けてほしいです。
2012-03-13 Tue 07:44 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
霞ヶ浦は逆水門のために流出は少なく、また極めて浅い湖なので湖底に沈んだ放射性物質もすぐに風で撹拌されると思われます。

山野に降った放射性物質が集められ流入して来るまではタイムラグがあるでしょうから、今後きっちりやって行く事が大切だと思います。
2012-03-13 Tue 09:23 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
南相馬の黒い物質が高い放射能を帯びていて非常に危険な物質。その正体が「藍藻」とは恐るべしです。
もしかしたら、福島第1原発から半径数十キロメートルの範囲にあるかも知れない由。
しかも胞子で拡散していく運命。福島はおろか日本中いや世界中に広がってしまう可能性もありますね。
恐ろしい現実です。
2012-03-13 Tue 21:29 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
>胞子で拡散していく運命。

自然界の複雑さの前では人間が知っている事などほんのわずかなものだと思います。おそらく今後、藍藻などによる放射性物質の拡散の様子を追って行ければ、生態系の複雑さと巧妙さを理解する端緒になるのではないでしょうか。もっともその前に全国でのがれき処理によって生態系が攪乱されてしまう方が早いでしょうが。
2012-03-14 Wed 18:19 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>自然界の複雑さの前では人間が知っている事などほんのわずかなもの

 そうですね。また、人体の反応の複雑さも同じだと思います。そのじゅうぶんな知識もないのに、一律に安全だ、と公言する人は、どういう根拠に基づいて言っているのでしょうか。
 今、一般の人々がこのような「安全宣言」について疑念を抱いているのは、もっともで正しい感覚であると思います。ヘタな専門家よりもよっぽど科学的ですね。

2012-03-15 Thu 07:55 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>そのじゅうぶんな知識もないのに、一律に安全だ、と公言する人は、どういう根拠に基づいて言っているのでしょうか。

そのような人は物事に真摯に向き合うという性質が欠けているのではないでしょうか。基づくべき根拠をさがす誠実さの代わりに、安全に決まっていると自分を騙すのでしょうね。
2012-03-15 Thu 22:59 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>真摯に向き合うという性質が欠けている
 そうだと思います。基本的にはデータを見るときの注意力と想像力の問題です。

 話は少し変わりますが、宇宙線ミュー粒子で1mSvの被曝をしたとします(通常の条件では何年かかかります)。また、放射性セシウムの内部被曝で1mSvの被曝をしたとします。

 両者のガン発生の危険性は、建前上はまったく同じです。原則的にはこれで正しいです。しかし、実際の測定や影響の見積もりの誤差を考えると、セシウムの内部被曝の推定や実際の影響には大きな不確定性があって、それを考慮するとセシウムのほうが危険だということも起こりえます(逆の可能性もありますが)。

 このレベルまで考えるのが専門家だと思いますが、建前だけ述べて終わりにしているのでしょう。手短かに理解しやすいようにしているのか悪い意図があるのかはわかりません。読み手に注意が必要です。でも、こういうことはヘタな学者よりも、ふだんから食べ物や病気などの安全に気をつけている一般の人のほうが感覚がすぐれているかもしれません。
2012-03-16 Fri 07:49 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>このレベルまで考えるのが専門家だと思いますが、建前だけ述べて終わりにしているのでしょう。手短かに理解しやすいようにしているのか悪い意図があるのかはわかりません。

専門家と呼ばれる一群の中にはうさん臭いのが相当数混じっていることが一般の人にも分かったのではないでしょうか。まぁ、多くの人はすぐに忘れてしまうので、うさん臭い専門家たちも生き延びる余地があるのですが、できればそういう臭いものには重い蓋をして出て来れない様に閉じ込めてしまいたいものです。
2012-03-18 Sun 11:16 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>専門家と呼ばれる一群の中にはうさん臭いのが相当数混じっていることが一般の人にも分かった

低レベルの放射線の確率的影響についてはよくわからないのでできるだけ被曝を避けるべきであることはよく知られるようになりました。したがって、「○○ミリシーベルトまではあびても問題ない」と明言している人はたいていうさん臭いです。このへんについてはだいぶ一般に浸透してきたと思います。

 それからもう一点ですが、科学や医学の有力な学説というのは学問の進歩に伴って変化します。昨日まで正しいとされていたことも実は100%正しいわけではなく90%くらいしか正しくないかもしれません(物事によります)。90%正しいとされていたことが実は間違っていても科学者は責任をとりませんので(これは科学者が悪いわけではなく、科学上の重要な発見というのはそもそもそれまでの常識を覆すものですから)、一般の方もそこを見込まないといけないと思います。
2012-03-18 Sun 18:10 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター