2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
1シーベルト被曝での40年後ガン死リスク
2012-03-02 Fri 00:00
・被爆でがんリスク42%増加 放影研、50年余の追跡調査
 こういう計算を自分でするための手引書であるゴフマン先生の『人間と放射線』を参考に計算してみた。第9章第1節で同じ問題が扱われていた。その手順に従って計算してみたのが以下だ。第18章の表56Aから30歳で1ラド被曝した場合の70歳での自然発生ガン死数と放射線誘発ガン死数を探すと、それぞれ620.2と18.61が得られる。γ線のみに被曝したと仮定すると、1シーベルト=1グレイ=100ラドだから、ガン期待値合計=自然発生+放射線誘発=620.2+100x18.61=2481.2。放射線で誘発されたガン死の割合は=100x18.61/2481.2=0.75。30歳で1シーベルト被曝し、70歳でガン死した場合、そのうちの75%が放射線に誘発されたものとなる。上の記事の言い方に直すと、被爆していない人に比べて100x18.61/620.2=300%増加するとなる。42%と300%と結果が全く違うのは、私の計算間違いか?

・米ビキニ核実験 きょう58年 当時の研究者、福島事故懸念

・津波、東海再処理施設の敷地に迫る 原子力機構報告

・東海第2周囲で巨大地震も 他の活断層と連動の可能性
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:4 | トラックバック:0
<<最接近日が近づいて来た火星 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 「いま勉強しないと死ぬぞ」の早川由紀夫さんの講演まとめ>>
この記事のコメント
原発の今後
福島地区の問題だが、住民避難をなぜ優先させないのか、不思議だ。徐染なんて3年、5年でできるものではないのは素人でも理解していること。
徐染できれば住めるが、すぐにはできないのだ。その判断がついているのに、強制疎開を政府はやろうとしない。
2012-03-02 Fri 11:50 | URL | 根保孝栄・石塚邦男 #u3MRTyDc[ 内容変更]
根保孝栄・石塚邦男さん

福島を安全な土地にするには、延々と除染をやり続けてそれでもどうかなというレベルだと思います。

福島事故後の処理を見ていると、日本を衰退させたい意思が働いている様に感じられてなりません。政治家、政府、官僚、経済界は何か外からの力に操られているだけで、国の将来を憂いているとはとても思えません。
2012-03-02 Fri 12:29 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
苫小牧市も瓦礫受け入れか。周辺農家・牧場は神経質に
苫小牧市が瓦礫受け入れの腹を固めて、近く岩倉市長が宮古市を視察するそうだ。
岩倉市長はな長く木材コンビナート企業「岩倉組」のトップであった人物。
ただで手に入る被災地の木材チップは魅力だ。
苫小牧工業団地の前面には港もある。広大な空きスペースに瓦礫を積み上げ木材処理工場を建てて処理することができる。
しかし、工業団地外縁の農家、牧場経営者は放射能の風評被害を恐れている。
せっかく安全な農産物と言われて世界に認知されかかった北海道の農産物に汚染疑惑がかかることをおそれている。
2012-03-19 Mon 20:06 | URL | 根保孝栄・石塚邦男 #u3MRTyDc[ 内容変更]
産廃利権業者が儲かって、1次産業や輸出産業がダメージを受けることになりそうです。TPPへの地ならしでしょうか。
2012-03-19 Mon 21:06 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター