2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
クールと言うよりもフール
2012-02-15 Wed 00:00
・2号機の温度上昇と再臨界
 圧力容器の中にはすでに核燃料の主要な部分は残っていないはずだから、圧力容器底部の温度が低いとか安定しているとかはたいした意味は無いはずだった。それに残り2つの温度計だって正常に働いて30℃を示しているのかどうかも分からない。大飯電発再稼働の条件に福1の冷温停止"状態"があるため、東電にとっては温度計が正常か異常かはどうでもよくて、30℃でじっとしていてくれる事に意味があったわけだ。
・それは壊したって言うんじゃないの?普通、、。
 今回そのうちの一つが温度上昇を示し始め、80℃以下という冷温停止"状態"が破られる(推進派にとっての)心配が出て来た。これは由々しき事態で絶対に避けねばならない。それで、大飯原発再稼働のためにこの温度計には死んでもらわねばならなかった、という事のようだ。刺客?
・2号機の 「 温度上昇 」 は、本当だった。
 上の様な駆け引きがあったかどうかとは別に現場はおそらく温度を下げる事に必死なはず。ところで、作業員の死者数の実情はこんななのだろうか。
・福島で放射性下降物の量が急上 昇!!!
 このタイミングで放射線量が広域で上昇している。正月明けにも同じ様な線量急上昇があった。あのときは直前に4号機プールの冷却中断があった。

・ウクライナとベラルーシの人口変動

・海洋内部の水温上昇=過去50年、温暖化の影響で-気象庁
 温暖化に加えて、原発冷却のために大量の熱が海に捨てられている。世界の原発が捨てている熱量って誰か計算しているかな。

・福島の実態 切々と 荒木田岳・福島大准教授が東海村で講演

・原発再稼働に「どちらとも言えない」36% ある意味、クール(笑)
・こないだの京都市長選なんて投票率37% クールと言うよりもフール(笑)
 子どもたちの未来を奪われても良いか?「どちらとも言えない」36%、ってところか。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:6 | トラックバック:0
<<何処も寒風吹きすさぶなり | 霞ヶ浦天体観測隊 | 東電よ、「自首するやついないのか」>>
この記事のコメント
>京都市
 京都市は、ストレステストで問題になっている大飯原発から40km圏ですが、原発近郊の大都市として、現在の日本で最重要な位置にあることが認識されているのでしょうか。

http://www.city.kyoto.lg.jp/shobo/cmsfiles/contents/0000104/104461/22S2Material.pdf

一応検討しているみたいですが、なんとなく悠長な感じで、自分たちが飯舘村や福島市に対応することが認識できていないみたいです。
 真っ先に、計画的退避区域になったときに全市避難ができるものかどうか責任を持って検討すべきでしょう。
2012-02-16 Thu 08:11 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
福1事故後に書かれた文書にしては相変わらず切迫感が感じられませんね。最初から避難を諦めているのかも知れません。
2012-02-16 Thu 21:01 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>最初から避難を諦めている
 私の知っている京の町衆は、御門の留守中に1200年の都を捨てて去る気もなければ、この間の応仁の乱から復興したばかりなのに、たかだか40年の寿命の原子炉に町を引き渡すつもりもないはずですがね。
2012-02-16 Thu 21:52 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
その威勢で本当の安全を手に入れて欲しいですね。

ところで、細川元首相のお宅では先の戦というと応仁の乱を指という話を聞いた事があります。
2012-02-16 Thu 23:06 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>細川元首相のお宅では先の戦というと応仁の乱
  そういう話、聞きますね。武家にとっては、山崎の合戦と鳥羽・伏見の戦いがあったはずですが、細川家がこれらの合戦に真剣に向き合わなかったということかもしれません。

 いっぽう、山崎や鳥羽や伏見は京都のうちにははいらないのでしょうから、町衆(商店経営者)にとっては、応仁の乱かもしれません。
2012-02-17 Fri 07:14 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>細川家がこれらの合戦に真剣に向き合わなかったということかもしれません。

そう来ますか。
2012-02-17 Fri 09:05 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター