2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
曇り空の火星観望
2012-02-01 Wed 10:05
今朝の観測:今朝も3時起き。曇っている。そのおかげでー2℃。火星と土星が肉眼で辛うじて見える。曇りでシンチレーションは落ち着いているが雲の濃さによって見えなくなることもしばしば。

mars1202011.png65Pでは、北極冠の南側に薄い模様が感じられる程度。

mars1202012.pngC8での見え方としてはこれまででもっとも良かった。北極冠の南側に淡い模様があるようだが判然とはしない。南西の辺縁部に帯状の模様が見える。オーロラ海からマリネリス渓谷辺りだろうか。これは65Pでは気づかなかった。
別窓 | 観測日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<六ケ所村、福島4号機、米国イリノイ州、あちらもこちらも、、、 | 霞ヶ浦天体観測隊 | みんなで見よう! NHK「低線量被ばく揺らぐ国際基準」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター