2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
時間よ止まれ
2012-01-09 Mon 00:00
・時を止める「タイムホール」生成に成功
 時間を止めるなんて、ディック・トレーシーかスーパー・ジェッターか、物語世界の話と思っていたが、物理学的に実現したという。説明を読んでも、これで時間を止めたと言えるのか良く分からない。

100708.jpgところで、タイムストッパーを使うスーパージェッターを見ながら、子供心にも、時間を止められる範囲が気になってしかたがなかった。敵の動きや弾丸の飛来を止められたにしても、自分も動けなくなったのでは元も子もない。タイムストッパーはどのようにご主人の体の範囲を認識しているのか。みなさんは気になりませんでしたか?
別窓 | 宇宙と物理ネタ | コメント:9 | トラックバック:0
<<今夜の観測 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 今夜の観測>>
この記事のコメント
>タイムストッパー
 たしかに不思議でした。テレビアニメでこの場面を見るのはけっこう好きでした。
 よく覚えていませんが、スーパージェッターでは、「ご主人」の動きは止まっていませんでしたが、そのまわりのものはおおむね止まっているように思います。

 技術的にはどうなっていたのでしょうね。時間の進みは元来相対的ですので、ある特定の領域だけ時間の進みを止めるのでしたら、一般相対性理論の応用でしょうか。自分の時間は止めないのだったら、重力の遮蔽をして自分だけは別の相互作用によって慣性系を維持できれば可能なのかもしれません。

 が、まわりの時間を止めるのではなく、自分が超高速で動くモードに移って、それをまわりの時間を止めたと称しているのかもしれません。

 ところで、お写真のレコードは、透明だけど、むかし雑誌のオマケについていたようなソノシートではなくもう少し堅めの材質でできているものだったと思いますが、そうでしょうか。また、これは、ドーナツ盤で用いられていた45回転ではなく、33回転ですか。

2012-01-09 Mon 08:41 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
スーパージェッターは懐かしいですね。
時間を止めても主人公は動いていた記憶があります。
30世紀から犯人を追ってやってきたのも凄いです。
2012-01-09 Mon 18:16 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
S.Uさん

>まわりの時間を止めるのではなく、自分が超高速で動くモードに移って、それをまわりの時間を止めたと称しているのかもしれません。

私も子供心にも時間を止めるのは無理な気がしましたが、自分の動きが速くなれば相対的に相手が止まって見えるはずだと、S.Uさんと同じことを考えましたね。

>ソノシート

これは、33 1/3のLP阪です。ビクターミュージックブックのシリーズの1冊です(朝日ソノラマみたいなもの)。他に、8マン、ウルトラQなどを持っています。テーマソングと物語が両面に録音されている厚めのソノシートです。何枚かお見せしましょう。
http://blog-imgs-37.fc2.com/k/a/s/kasuten/120109.jpg

中井さん

>30世紀から犯人を追ってやってきた

テーマソングのプロローグで[一千年の未来から時の流れを越えてやって来た]と言っていましたね。そして30世紀の人間は成長が早くて、自分はまだ1歳なのだと言っていた様にも記憶しています。それにしても体格が良いと思いますが、実はロボットスーツでも着ていたのかもしれません。
2012-01-09 Mon 19:15 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>ソノシート ~(朝日ソノラマみたいなもの)
 貴重なご財産の披露ありがとうございます。私は、ウルトラQは持っていませんが、朝日ソノラマの「オバQ」を持っていたのでよくわかりました。ビクターはシングル盤なのかなと思いましたが、それではアニメの1ストーリーの長さが収録できませんね。
 ソノシートは、両面収録盤と片面収録盤があって、厚さが違ったと記憶しています。両面で20分くらいでしたでしょうか。
2012-01-09 Mon 22:29 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>両面で20分くらいでしたでしょうか

おそらくそんなものだと思います。もっと短いかもしれません。と言うのは、このスーパージェッターのソノシートの場合、A面に「テーマソング」と「流星号マーチ」、B面に物語が入っています。「テーマソング」と「流星号マーチ」は合計でも10分は無いと思いますので、B面も10分以内ではないでしょうか。レコードプレイヤーはあるのですが、押し入れに入っているのでそのうち気が向いたら再生してみます。

>自分の動きが速くなれば相対的に相手が止まって見えるはずだと

その後やや成長した後に思ったことは「タイムストッパー1回分30秒間に何百倍速とか何千倍速で動くと、人生が早く終わるのかな」ということです。1年でここまで成長してしまったスーパージェッターの人生は5年間くらいしか無いのではないでしょうか。
2012-01-09 Mon 22:50 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>両面で20分くらい
例によって話が脱線しますが、ソノシートに限らずレコードは、規格が同じなら、収録時間の長短に関わらずミゾが切ってある部分の幅がどれも似たり寄ったりなのが不思議でした。これは、ミゾのピッチを変えていたのに違いありません。ダイナミックレンジを犠牲にすれば、長時間を押し込むことが可能だったはずです。

>スーパージェッターの人生
「燃料喰いマシン」というのがありますが、これは「時間喰いマシン」ですな。
2012-01-10 Tue 19:23 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>ミゾのピッチを変えていたのに違いありません

アニメのソノシートか音楽のレコードだったか忘れましたが、スッカスカの溝を見たときには、ドロボー!って思いましたね。当時LP高かったですから。
2012-01-10 Tue 20:22 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
>当時LP高かった
 私は、逆に、ベートーベンの第九の1枚もの(70分くらい)というお得用品を持っていました。第3楽章が両面に分断されていました。心なしか音量が小さかったのは、ミゾの振幅が稼げなかったのでしょう。

  わたしらは当時アナログメディアの最先端にいましたね。
2012-01-10 Tue 21:52 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
>ベートーベンの第九

ベートーベンで思い出しましたが、私が小学生時代に父が購入したベートーベン交響曲全集の第九はLP2枚になっていました。その後、高校時代に自分で購入したときは1枚に収まっていました。録音の集積技術が進んでいたのですね。あの溝を彫る技術って、もしかして職人技だったのかなぁ。

>わたしらは当時アナログメディアの最先端

最先端で、同時に最後の輝きを見ていたのですね。
2012-01-10 Tue 22:37 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター