2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
屋根の固定具
2011-10-12 Wed 00:00
111004.jpgスライドルーフを閉めた時の固定は、現在南北屋根それぞれ4箇所、計8個のターンバックルで行っている。これは、まだ屋根を製作している途中の7月半ば、台風6号が迫って来たときに大急ぎて取り付けた。先日、最初の設計時に考えていたスナップ錠も取り付けてみた。これで屋根固定は二系統ということになる。日常の固定は手軽なスナップ錠にして、強風が予想される時はターンバックルでバックアップしようという考えだ。しかし、東日本大震災を経験してみるとスナップ錠のみというのはちょいと不安。普段はスナップ錠+対角線のターンバックルが良いかもしれない。
別窓 | 観測小屋制作記 | コメント:2 | トラックバック:0
<<「タフ」にならないと生きて行けない | 霞ヶ浦天体観測隊 | 日本人すべての人権が踏みにじられる結果をもたらすだろう>>
この記事のコメント
こんばんわ、ももで~す。
ところで、床の振動は望遠鏡に伝わることはありませんか?ま~自分だけなら覗きながら足踏みもしないでしょうけどね。
2011-10-14 Fri 21:42 | URL | もも #-[ 内容変更]
ももさん、こんばんは。

スナップ錠だけでパチパチパチと止めるだけなら実に手軽なのですが、大きな余震のことを考えるとどうしてもターンバックルでも止めておかないと、という気分になってしまいます。

振動の件ですが、へへへ、、、素人施工の悲しさ、土間コンとピラー基礎を分離したつもりが、コンクリ枠が押されて何カ所かでくっついてしまっていました!何のために島にしたものやらというお粗末施工です。振動ドリルで崩せば良いのですが、ま、しばらくこれでやってみます。自分一人で見ているときにはドタバタしなければ良いのですが、やはり100m程のところの国道をトラックなどが通ると揺れる様です。これはコンクリが分離できていたとしても揺れるでしょうから、私の環境では仕方が無いと思っています。

でも、これまで、TS-50や65Pを使って来た身にすると、なんと視野が止まっていることかと快適に感じます。

2011-10-14 Fri 22:09 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター