2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
『はじめての天文シリーズ 星雲星団を探す』
2007-07-18 Wed 00:20
今年の梅雨は長年星見をされているみなさんにとっても抗議したくなるほど天気が悪いと感じられるらしい。文句を持ち込む先もなくついつい本ばっかり買ってしまう。

070708.jpg 「光害地での見え方も併記されてます」とどなたかがどこかに書いてくれていたので買ってみた。各星雲星団について星図の他に、写真・微光害地・中光害地での見え方を文章とイメージで解説。日本の星空状況を前提にすれば、良い環境を求めてお金や時間といったエネルギーを費やすよりも、最良とは言えないが身の回りにある環境でどれだけ楽しめるかにエネルギーを注いだ方が多くの人にとって遙かに実効性がある。その点で、様々な環境で使える入門書だと感じた。カバー袖に渡部潤一氏の監修のことばがある。一部を紹介したい。
 『本書は代表的な星雲星団の探し方や楽しみ方を紹介するガイドブックであるが、最大の特徴は「実際にはこの程度しか見えません」という眼視イメージを掲載している点である。これはある意味では残念なことだが、本書を読み進むうちに、大部分の読者が住むような街でも「なんとかこのくらいには見えるんだよ、あきらめないで」という著者のメッセージが伝わってくる。たとえそこが最良の観測地ではなくとも、ぜひ本書を片手に、自分の目で天体の”生の光”を楽しんでいただきたい。[渡部潤一氏の監修のことばより抜粋]』
別窓 | 星の本 | コメント:5 | トラックバック:0
<<これでは作物は育たないし、星も見られない | 霞ヶ浦天体観測隊 | 増光止まった? いて座新星 V5558 Sgr>>
この記事のコメント
20代のころ、住んでいた目黒区内(部屋から、路上で、公園や空き地で)で、星見をしていました。自宅アパート前の路上で望遠鏡(かすてんさんと同じ高橋のP型)を出して見ていたら、酔っ払ったミザールの社員に「どうしてウチのを使ってくれないの」とからまれたりしましたっけ。(当時ミザールはすぐ近所でして。おかげで今でもいちばん親近感がある)
2007-07-18 Wed 06:16 | URL | ほくと #-[ 内容変更]
で、この時ほくとさんはなんと答えたのでしょうか?
2007-07-18 Wed 18:39 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
かすてんさん、こんばんは。
私もこの本を持っています。光害地での見え方が書かれてあるので、これにひかれて購入しました。庭先観望を楽しむ者にとっては、とても参考になる一冊です。
2007-07-18 Wed 23:39 | URL | やっさん #-[ 内容変更]
はは・・・、敵は酔っ払いですので「(ミザールさんは)老舗なんだからもっとシッカリせにゃあアカン!」と言いたいことを言ったような?。
でもね、初めて買った望遠鏡が「ニューアポロ型」だし、その後判ったことですが、その当時ミザールが使っていた反射鏡はタカハシより優秀でした。ホント頑張って欲しかったんですけどね~
2007-07-18 Wed 23:58 | URL | ほくと #-[ 内容変更]
やっさん、

 「見え無さ」が表現されている珍しいガイドブックだと思いました。

ほくとさん、

 35年ほど前、中学の友人がミザールの10cm反赤を持っていました。そうかぁ、彼は良い選択をしていたんだ。
2007-07-19 Thu 06:00 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター