2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
枝野官房長官 能天気かつ誇らしげに「甲状腺の被害はまったく出ていない」
2011-08-06 Sat 00:00
・「捨てられた日本国民」 政府は本当のことは教えない。 国民がパニックになるから、だって
 ・隠しきれるものではないのに
 ・「政府」「東電」「テレビ・新聞」 最悪の事故を、一貫して過小評価して印象操作
 ・賠償額が拡大するのが怖い
 ・たった0・2μSvの内部被曝で、乳幼児は100mSv超に相当
 ・枝野官房長官、能天気かつ誇らしげに「甲状腺の被害は、まったく出ていない。子供に関しては少しくらい被害が出ると思っていたけど、全然出ていないんだ。」
 ・危機から国民の命を守ることより、保身をかけた罵り合いが最優先

・JFEエンジ、設置面積半分の太陽光発電システム開発
 JFEエンジニアリング「タワー集光型太陽光発電システム」三鷹光器と共同で受託。

・原発輸出は当面継続、答弁書を閣議決定

110805.jpg・ヤフー:放射線情報をネットで提供
 →放射線情報
 
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0 | トラックバック:0
<<7月の晴天日数 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 床下を補強してみた>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター