2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
安全な被曝はない
2011-06-08 Wed 00:00
・低線量でも“安全な被曝”は存在しない

・ドイツ、2022年までに原発を全廃 閣議決定へ
 電力需要の8割を原発に依存しているフランスでも、仏週刊紙の世論調査で回答者の計77%が「原発を即時または段階的に廃止すべきだ」と回答。日本などとは大違いに民意が反映するヨーロッパ各国では、急激に脱原発シフトが始まりそうだ。

・厚労省が福島原発立ち入り調査 作業員の線量超過問題

・静岡知事、独自に安全性徹底確認 浜岡原発の運転再開で

・ルモンドやNYT CNNは当時から報道していたわけで、、、
 外電で報じなかったのは記者クラブ。情報ソースは世界にあふれていた。自力で情報を取りに行けた者は知っていたことだが、日本の新聞・マスコミ頼りだと取り残されていたはず。
・仏誌を紹介したTV朝日に政府からクレーム

・権力者はなぜ「堕落」するのか:心理学実験

今夜の観測:5月2日以来の観測。この一月以上、天候が悪くて雲がかかってせいぜい1等星が見えただけ。今夜も雲の隙間からこれだけがなんとか見えただけ。ST Uma6.9等。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0 | トラックバック:0
<<リニア新幹線は原発推進とセット | 霞ヶ浦天体観測隊 | まだまだ犠牲の数が足りないのか?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター