2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
大野裕明著『見ておもしろい星雲・星団案内』
2007-07-01 Sun 00:21
070629.jpg 本書について先日ふくださんがコメントに書いてくれていた。国内の天文書籍でスケッチ集というのは珍しい分野だと思う。星雲・星団というのは人気のある天体で、写真写りが良いだけに、大口径望遠鏡で撮された写真の印象とはじめて小口径望遠鏡を覗いたときの見え方のあまりの違いそのギャップにガッカリするケースも多いのではないか。実際幼き頃の自分がそうだった。最近入門用の望遠鏡が話題になっているが、眼視で見えるままのスケッチ集というのはそうした入門層にもふさわしい気がする。ひとつの天体について6.5cm、8cm、15cm、20(または30)cmでのスケッチが併記されている。こういうユニークな本が絶版になっているのは勿体ない。復刊あるいは再版あるいは新版が出ないものだろうか。私はamazonのマーケットプレイスにて入手。
別窓 | 星の本 | コメント:8 | トラックバック:0
<<天文少年はどこにいる | 霞ヶ浦天体観測隊 | 梅雨の過ごし方>>
この記事のコメント
大野さんのスケッチ集、知ってはいましたが、その頃は星見=天体写真でしたので買いませんでした。今は眼視も撮影もバランスよく(暗い所にでかけての撮影はもうしていません)しています。
この手のガイドブックは重宝すると思います。
先ほど、藤井旭さんの「星座ガイドブック」春夏編・秋冬編を探したのですが、なくなっています。どうやらボロボロになったので整理してしまったようです。もったいなーい(^^ゞ
2007-07-01 Sun 14:31 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
私もこの本持っています。当時は小口径しか見たことが無く、紹介されている20センチや30センチでのスケッチを見て、大きな望遠鏡で見る世界はどんなだろうと夢を膨らませたものです。
2007-07-01 Sun 18:07 | URL | ugem #-[ 内容変更]
こんばんは。
この本知っておりますが、未だ現物を見たことが有りません。中々良さそうな本で又欲しくなりそうです(^^;
最近は殆ど星雲団を見たことが有りませんが、この本を買えば見るようになるかもです(^^)
2007-07-01 Sun 20:05 | URL | アン次郎 #-[ 内容変更]
ウェブサイトでは「眼視による星雲星団の世界」さんでしょうか。
http://homepage2.nifty.com/sketchingthedeepsky/index.htm

メシエ天体に絞ると、ステファン・ジェームズ オメーラ「メシエ天体カタログ」(ニュートンプレス)という本もあります。でも高いので図書室でしか見ていません(^_^;

散光星雲や銀河は、写真と眼視の落差が大きい天体なので、観望会などでも説明に苦労します。
2007-07-01 Sun 21:34 | URL | ふくだ #mQop/nM.[ 内容変更]
みなさん、こんにちは。

 大野さんの本はベテランのみなさんの興味も引いたみたいですね。

 『メシエ天体カタログ』、持ってます。テレビュー10cm屈折+観測地ハワイではこんなに見えるのかと別世界に思い、解説はともかくスケッチはかえって感動に欠けます。大野さんのは小さな本ですので採り上げている対象は少ないですが、ひとつの天体について6.5cm、8cm、15cm、20(または30)cmでのスケッチが併記されている点がユニークですよね。

  「眼視による星雲星団の世界」もすごいデータ量ですね。ただ、こちらも口径30cmでの見え方なので今のところ私には見えない世界です。
2007-07-02 Mon 09:02 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
この本,私も持っています。
しかも,700円で売られていた時代のやつ。
「肉眼で見たまんま」と言うのは,参考になりました。
やはり天体写真だと,星雲など,肉眼以上に淡い部分を捉えますから,写真のような姿を想像して探すと,がっかりするわけで(慣れれば写真の様子の5~7割引ぐらいの姿を想像しますけどね),そういう意味でも,とても実践的な本です。

 でも,福島の条件の良い空でのスケッチですから,自宅からの観望では,あのスケッチの姿を,さらに割り引いて想像する力が必要になります……。
2007-07-02 Mon 22:31 | URL | なかを #z4OWl5Tg[ 内容変更]
眼視で見る星雲・星団ですが、池さんは32cm/50cmドブソニアンの他に、FC76や3cmファインダーでのスケッチも最近は多いですよ。参考になるはずです。ただ、暗い山中でのスケッチですから。バーナードループも3cmファインダー+フィルターでスケッチされてます。私も、7X35双眼鏡+Hβ、OIII、UHCでのスケッチもしました。
http://homepage2.nifty.com/star-kn/seiunseidan2.html

2007-07-02 Mon 22:46 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
なかをさん、中井さん、おはようございます。

 なかをさんもお持ちですか。確かに大野さんも空の条件の良いところ(それも1979年以前の)でスケッチされていますからハワイほどではないにしろかなり割り引かないとなりませんね。

 中井さん、『眼視で見る星雲・星団』は全部見ていませんが、小口径でも描いているのですか。でもあの膨大なデータ中から小口径スケッチに出くわすのはいつになる事やら。それから灯台もと暗し、、、スケッチの中井さんの存在を失念しておりました。
2007-07-03 Tue 05:58 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター