2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
「被ばく量、言えない」
2011-04-07 Thu 22:20
・今中レポート:飯舘村周辺において実施した放射線サーベイ活動の暫定報告
 昨日の再掲。もっと取り上げられてもよさそうだが。

・「被ばく量、言えない」東電社員 原発敷地内に1カ月
 聞かせて欲しい。累積被爆線量が多すぎて言えないのではなく、「免震重要棟」と呼ばれる防護建物内の安全な場所にいるため、危険な作業をしている下請・孫請け作業員、消防隊員、自衛隊員に顔向けが出来ずに言えないのではないのか?

・ビデオ:避難者の証言
 東電社員家族は地震・津波が起きた日に栃木へ逃げていたとか、東電の奥様から、90キロ離れたところまで逃げろと教えてもらったとか、本当の事なら大変な内容だ。
 
・那珂湊に住む友達の親戚は漁師。地震発生直後、漁港へ急行し漁船を沖へ退避させ津波の難を免れたが自動車はダメになった。船の1/50だから良しとしなければと言う。しかし、命をかけて救った漁船が、放射性汚染物質の大量放流で出漁できなくなり、その怒りをどのように押さえることができるだろうか。

・魚介類が大好きなかすてんだが、もうホヤなんて食べられないのだろうか。

・ガイガーカウンター を自作する
 [S.Uさんからのコメント]米村先生えらい!でも、これはガスの濃度が変わると感度が変わるでしょうから、何ヶ月か安定した測定を続けるためには、ガスを完全に封じ込める工夫が必要です。電圧も測って確認したほうがよろしいが、これは何かよい方法がありますかね?
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:0 | トラックバック:0
<<馬蹄形軌道の地球近傍小惑星2010 SO16 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 飯舘村での放射線値と避難決定>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター