2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
野鳥のお勉強をする
2010-04-04 Sun 00:10
この冬のあまりの天気の悪さに星見へのモチベーションも上がらず鳥見の話題が多かった晏次郎さんだが、そろそろ春の畑作業が始まっている頃だろうか。

100403.jpg私は野鳥はほとんど見分けも聞き分けもできず、わずかに、家の近くへやってくるスズメ、キジバト、コジュケイ、セグロセキレイ、キジを見分けられるくらい。鳴き声もハシブトカラス、ハシボソカラス、キジバト、コジュケイ、ホトトギス、ウグイスが分かる程度。あ、カワセミも見たら分かった。
[写真はフリー画像をいただいた]

NHKラジオ第2 カルチャーラジオ月曜日「科学と自然」4~6月のテーマは『鳥を楽しむ暮らし ~春から夏の野鳥~』。講師は日本野鳥の会安西英明氏。野鳥観察の第一人者と言われるだけあってその解説は実に生き生きとして巧みで話に吸い込まれる。というわけで、聴講するのは高校同期のよしみだけではない。
今夜は晴れる予報なのに、夜22時、雲の隙間からわずかに明るい星が見えている程度。20kmと離れていないつくばからは天気晴れの報告が届いているというのに。明日早いから深追いせずに寝る。
別窓 | 話題いろいろ | コメント:3 | トラックバック:0
<<市民天文講演会『天体望遠鏡おもしろ話』 ご案内 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 天候の変化がめまぐるしい>>
この記事のコメント
かすてん様、おはようございます。 鳥なら曇り空も満月にも似合いそうですね。
 そちらはいろいろと鳥がいて賑やかそうですね。私の近くには、ほかに、ヒヨドリ、オナガ、ムクドリがいます。今は、ツバメがやって来る季節なのでしょうが、最近はあまり見ません。
2010-04-04 Sun 05:49 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
私も鳥の事はさっぱりです。せっかく双眼鏡がありますからバードウォッチングのまねごとでもしようと野鳥の図鑑を買って来たのですが,目の前にいる鳥が図鑑のどこに載っているかを探すのが一苦労、と言うよりさっぱり分かりません。やはりこういうのは先達について学ぶのが良いようです。で、地元の探鳥会に参加したいと思っているのですが,なかなか時間が取れなくて・・・。
2010-04-04 Sun 09:38 | URL | ugem #-[ 内容変更]
S.Uさん

我が家の周りへヒヨドリ、オナガ、ムクドリなども来ているようですが、私が判別できていないだけです。
今の所へ引っ越して来たのは4月だったのですが、その頃は毎日うぐいすの鳴き声で起こされていたものです。うぐいすは春始めから鳴く練習を始めますが、最初はへったくそなんですね。その鳴き声ではモテんだろうと思うヤツがいます。それでも、だんだん上手になっていくものです。

ugemさん

>図鑑のどこに載っているかを探すのが一苦労
 野鳥に限りませんが、これは初心者には大きな壁ですね。

>なかなか時間が取れなくて・・・
 ですよね。ご紹介した番組はラジオなので視覚情報はありませんが、試しに安西氏の話を聞いてみてください。
2010-04-04 Sun 18:00 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター