2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
真冬並の寒さの中、はやぶさの帰還を待つ
2010-03-29 Mon 00:43
朝の早い職場だから少々の寒さにはみな慣れているはずだが、今日は日中も5度くらいにしかならず、さすがにあちらこちらで「寒い」「寒い」の声が聞こえていた。
071128.jpg3月27日、はやぶさは地球中心から約2万kmの位置を通過する軌道へ誘導され、6月帰還がいよいよ現実になってきた。広大な宇宙の中をまっしぐらに地球に向かって飛んでいるはやぶさを想像すると、ついつい感情移入して「早く帰ってこい、はやぶさ!」なんて言いたくなってしまう。
 →小惑星探査機「はやぶさ」搭載イオンエンジンの連続運転による軌道制御の終了について
 →[はやぶさ]今度いつ帰る ~はやぶさ探査機~ 初音ミク・動画版
 →はやぶさの紹介ビデオ「祈り」
別窓 | 話題いろいろ | コメント:2 | トラックバック:0
<<小さな火星が見せてくれたもの | 霞ヶ浦天体観測隊 | 3月24日はMacOSXの誕生日だったらしい>>
この記事のコメント
この2、3日、ウエブでも「はやぶさ帰還」のニュースが目につきました。一時は絶望的、と思われたのですが、ここにいたるドラマには胸が熱くなる思いです。あと3ヶ月余り。帰還の際は「お帰りなさい」とメッセージを伝えたい気持ちです。
2010-03-30 Tue 03:11 | URL | astro_calendar #pmJ/ok7.[ 内容変更]
astro_calendarさん

 『祈り』なんか、最初の掴みのところから目がうるうるしてしまいます。

 イオンエンジンの連続運転が終了して慣性飛行に入ったという段階で、今後、微調整が何度か行われるわけですね。地球から神業のようなコントロールが何度か必要でしょうし、エンジンが思ったように作動するか、まだまだ予断を許さないと思います。

 はやぶさは形こそアンドロイドでは無いですが、人格的な要素が埋め込まれているように感じてしまうのは、プロモーションの巧さでしょうか。ともかく、6月へ向かってますます盛り上がるのでしょう。
2010-03-30 Tue 09:34 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター