2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
火星スケッチ 2010年02月
2010-02-05 Fri 08:19
mars1002051.jpg2010年02月05日 04時25分。視直径14″。シーイングまずまず。火星像もまぁまぁ安定している。大シルチスが中央にど~んと見える。途中、電池切れのためTG-HDモーターが追尾しなくなり、火星は西を目指して視野を足早に駆け抜けようとする。まさに去ろうとする火星の心情か。気温-4℃。
mars1002061.jpg2010年02月06日 21時50分。火星像は揺らめき模様らしい物は見えない。西の縁が若干白っぽく感じられた。

mars1002181.jpg2010年02月18日 22時30分。12日ぶりの火星は視直径13″ほどになって小ささを感じさせた。それでも模様はまだまだ見える。

mars1002231.jpg2010年02月23日 23時00分。視直径はさらに小さくなって12.6″ほどだが、シーイングは安定していたので模様はくっきり見えた。

過去の火星スケッチ
 2010年01月
 2009年12月
   ★
 2007年11月~12月
別窓 | 火星アルバム | トラックバック:0
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター