2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
子午線の湾付近が見えて来た
2010-01-18 Mon 00:29
バタバタした一日だった。いつもより早くから仕事を始め、昼前に帰宅しすぐに地区の新年会へ。飲んで戻って一休みして夕方になると、滅多に無いところから急用で呼ばれる。こういうわけでと一旦は断ったがどうしても来て欲しいから迎えに行くとまで言われる。ヨメさんが運転すると言うので助手席に乗って出動。私の仕事車を運転するのは初めてなので横に乗りながらなんだか怖い。まぁ、なんとか戻って来た。

mars1001171.jpg今夜の観測:一昨日、昨日に比べシーイングはかなり改善。模様が見える。子午線の湾、サバ人の海の辺りのスジっぽい模様も見える。形までは無理だが。
変光星は、ε Aur3.6等、R Lep7.3等、RX Lep5.8等、T Mon6.5等、U Mon5.7等、W Ori6.2等、α Ori0.6等。

今夜のレジスタックス:15枚程写真を撮ってみたがよい写りのが少なかったので2枚だけ重ねてみた。ひいき目ではあるがそれらしきものが写っている(ように感じる)。
100117.png
別窓 | 観測日記 | コメント:2 | トラックバック:0
<<1月15日の日食報告が届いた | 霞ヶ浦天体観測隊 | 画像を重ねる>>
この記事のコメント
かすてんさん おばんでございます。
口径6.5センチで小接近の小さい火星でしかも真冬の気流でここまでしっかり写れば上等なのではないでしょうか?
このあと、土星も上がってきますが、火星に比べるとずいぶん大きくて見やすいと感じました。(笑 これに慣れると木星なんかは楽勝と言えそう。(爆

火星探査機が着陸する前までは、「ひょっとしたらコケみたいなものが生成して消滅するようなものが」なんて期待されていましたが、「単に色の黒い砂が風で飛ばされているだけ」と判ってしまいましたよね。

そう思ってはいたのですが、今年はけっこう火星のあちこちで雲が湧きあがり、白く輝いていて変化があって楽しいです。こんなに雲が変化に富むとは思ってもいませんでした。
2010-01-18 Mon 01:35 | URL | HG #ZBwv4ZW2[ 内容変更]
HGさん
上等上等、大接近はこの2倍近い直径+シーイングのましな夏場ですから、どんなすごい写真が撮れるか今から空想してびっくりしています。でも、梅雨から秋雨の時期で星が見られるだろうかそれが気がかりですが。
大黄雲なんかが出るとお手上げですが、雲はいいですね。
2010-01-18 Mon 12:16 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター