2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
宙のまにまに『天体観察「超」入門』
2009-12-22 Tue 00:05
191217.jpg本書は夏に買っていたのだが、ついでに原作コミック『宙のまにまに』も読みたくて、他の図書館から貸し出してもらえるか地元図書室に頼んでおいた。県内に1箇所所蔵している館があったが禁帯出だった。そういうわけでコミックもアニメも見たことは無いが、本書は独立した構成になっているから原作の予備知識はいらない。もちろん、知っていれば少し多めに楽しめるだろうが。

 宙のまにまに『天体観察「超」入門』 柏原麻実
       講談社 アフタヌーン新書012 2009年

「超」入門ということで、ごく初歩の星空解説に加えて、虫除けや防寒対策、赤色ライト、暗順応、施設見学などなど星を見る以前の準備や予備知識についてもけっこう書かれているのが本書の特徴。『宙のまにまに』の原作、アニメ、そして本書などをきっかけにひとりでも星空を見上げる若い人が増えてくれたら嬉しい。

今夜の観測:ε Aur3.7等、ο Cet4.0等、RX Lep5.8等、T Mon6.5等、U Mon7.4等、W Ori6.1等、α Ori0.7等。晴れてくれるのはありがたいがこう毎夜毎夜晴れると寝不足になる。今夜はやめようかとも思ったが、快晴の夜空を見上げてそんな勿体無いことをしてはいけないと思い直し、変光星の観測をした。火星はお休み。昨夜までほどの透明度は無い。
別窓 | 星の本 | コメント:11 | トラックバック:0
<<そろそろ休みたいのですが、、、 | 霞ヶ浦天体観測隊 | 火星はまだまだ遠い存在>>
この記事のコメント
ここのところ、良い星空ですね。昨夜は、自宅の脇から ε Aur が肉眼で見えました。(まさか増光したんじゃないでしょうね) 月と木星の接近もきれいでした。
2009-12-22 Tue 12:04 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
9日も快晴が続くと「休ませてくれ~!」と贅沢なことを言いたくもなります。もう少し他の季節に分散してくれるとありがたいのですが。

εAur増光はしていないと思いますが、このくらいの光度でしばらく推移するのでしょう。

kawashimaさんのところで知ったのですが、εAurの伴星は、巨大で見えない謎の天体だそうです。そして、皆既でもないんだそうで、なんだか全然分からないのです。
2009-12-22 Tue 22:49 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
εAurの連星系の説明図が星ナビに出ていましたが、過去ログとして取っておくために切り取っておいたのが紛失しています。とにかく皆既食ではないです。
伴星は扁平なダストに覆われた星のようです。
切り取ったページが探してもないです。どうやら不要な箇所と一緒に処分した可能性もありです(^^ゞ
2009-12-22 Tue 23:18 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
AstroArtsを検索してみたら2009年5月13日の記事にそのことがありました。
http://www.astroarts.co.jp/news/2009/05/13eps_aur/index-j.shtml
皆既食とはいいながら主星の光はガス円盤を通り抜けているので真っ暗にはならないわけですね。
2009-12-22 Tue 23:37 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
真ん中に穴があいとるなんざ、直ちには信じがたい説であります。
2009-12-23 Wed 15:02 | URL | S.U #MQFp2i1U[ 内容変更]
> 皆既食とはいいながら主星の光はガス円盤を通り抜けているので真っ暗にはならないわけですね

中井さんも書かれているとおり、皆既ではないです。ε Aurの食を皆既食としている文献があれば、それは間違ってます。
円盤は光学的に十分厚いと考えられていて、円盤の中心にある天体もまだ観測にかかっていませんし、円盤に隠された部分の主星の光は届きません。
2009-12-23 Wed 21:06 | URL | Mhh #DaqWDIIE[ 内容変更]
Mhhさん、ありがとうございます。
皆既食ではない、伴星の円盤は光学的に十分厚いから隠された主星の光は遮られる、とのこと。
つまり、円盤によって主星の一部が隠されているというイメージで良いのでしょうか。
2009-12-23 Wed 21:54 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
伴星を取り巻く扁平なダストが主星を隠しますが、全部は隠れないようです。なので部分食だと思います。
2009-12-23 Wed 22:28 | URL | 中井 健二 #7w5mtEUg[ 内容変更]
中井さん、Mhhさん
部分食というイメージで理解しました。
2009-12-23 Wed 22:48 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
スペクトル観測から、食中央付近の光度変化がない時期にもスペクトルに変化がほとんどないこと観測されています(皆既で光が透過しているとすれば、伴星による吸収の影響がスペクトルに現れるはず)。
通常の食連星なら金環食という解釈になるのですが、この天体の場合、減光の時間:光度一定の時間:増光の時間の比率(これで主星と伴星のサイズの比が求まる)と食による減光幅が、伴星が球形であると仮定した場合、伴星が全く光を出していないとしても矛盾してしまうため、(1)半透明の巨大な星で実は皆既食説と(2)不透明な円盤説が考えられました。現在では2の説で間違いないと考えられています。
2009-12-23 Wed 22:54 | URL | Mhh #DaqWDIIE[ 内容変更]
Mhhさん
半透明ならば、吸収を示すスペクトルの変化があるはずですね。噛み砕いた解説のおかげでイメージがくっきりして来ました。機会がありましたら、R CrBの解説もお願いしたいです(あつかましいか)。
2009-12-24 Thu 09:39 | URL | かすてん #MLEHLkZk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター