2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
長期の休館に入った馬の博物館の出版物を入手
2024-02-23 Fri 00:00
2402211.jpeg右側は2023年の年末に馬の博物館で開催された秋季特別展『戦国武士と馬』の図録で、左側は2022年末に出た馬の博物館研究紀要だ。馬事文化財団の馬の博物館は横浜市根岸台にあり、過去にも武士と馬に関する展示会を幾度も開催していて図録も結構持っている。ただ、遠いのと開館日に休みが取れないので一度も行ったことがない。そうこうしている内に建物の老朽化のため1月29日以降長期の休館に入ってしまった。ただ、出版物については今後も郵送で対応してくれる。長塚孝氏は馬の博物館参与で元学芸部長だが、自分にとっては足利成氏の研究者として注目している先生で、1月20日の千葉市立郷土博物館の講演会でご挨拶することができた。

 →馬の博物館
 →馬の博物館の出版物扱い
別窓 | 城郭・郷土史 | コメント:5
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター