2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
お城歩きの先にこんな朗報が
2023-12-27 Wed 00:00
信太庄山内衆聖地めぐりリベンジツアーの最後に、土浦駅までの途中にある阿見町の大室城へ案内した。ここは2年前に住宅団地自治会長さんたちと解説看板を作成した思い入れある城址なので、その看板を見てもらおうと思ったからだ。ここの団地は自治会組織が素晴らしくてねと、看板の前で高校生に説明をしかけたところに、なんと自治会長ご本人がやってきた。ご挨拶もそこそこに最近の団地の様子を話してくれたが、空き家解消、空き地解消、居住者増、子供人口増などなど、V字回復の勢いだという。
そもそも、大室城跡の解説看板企画が、JR東日本の公益財団法人東日本鉄道文化財団の2022年度地方文化事業支援の対象事業に選定された理由は、それまでの自治会を中心とする地道な地域住民活動が高く評価されたからで、そうした地域住民活動が活発であるが故に優良住宅地という評価も高まっているのだろうと思われる。住宅街の再生・活性化の一例としてそのうちに取材されるでしょうという話をし、来年の健康を祈って大室城を後にした。
別窓 | 城郭・郷土史 | コメント:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター