2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
12月にしては穏やかな鹿島灘を飛行
2023-12-19 Tue 00:00
Flyersのチケットの最後の一枚は、ちょっと博打ではあったが冬の鹿島灘に使うことにした。予想通り先週は強風で断念、来週は別件が入っているのでチャンスは今日限り。10月の涸沼に続きまた無駄になる危険もあったが、幸い穏やかな日になってくれた。

2312184.jpeg鹿島神宮東の一之鳥居が立つ明石海岸。この日の午後の気温は約9度、地上での最大風速3.3m/sほど。晴れているので気温ほどには寒さを感じない。冬の穏やかな昼下がり、釣り客の姿だけでなく、海に入っていくサーフィン客もちらほらいる。

2312182.jpg緊急用務空域の確認、飛行前点検の記入、飛行記録の記入など飛行前にやることがけっこうある。補助者1名(ヨメさん)で飛行計画の通報はしてあるが、立入管理措置用のサインボードも設置しておいた。暑い日、寒い日、補助者をやってくれるヨメさんに感謝。

2312183.jpg砂浜には白波が立つが、海上は極めて穏やか。約5km南の鹿島工業地帯を望む。

2312181.jpgマッシュルームの様な形のヘッドランドを海側から間近で見るとこんな構造をしていた。ど迫力!左手にカシマスタジアム、中央右奥に筑波山なども映っている。
別窓 | ドローン | コメント:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター