2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
津山事件の本を久しぶりに読む
2023-11-22 Wed 00:00
「津山事件」あるいは「津山三十人殺し」と言われる事件が起きた当時、私の父方の祖父の兄=大伯父の家が事件の舞台となった集落に比較的近いところにあった。後年、その跡取り=父の従兄弟(Y叔父とする)がその家を継ぎ、私は幼い頃そして高校時代、大学時代を通じて幾度か遊びに行ったことがある。Y叔父は鄙にあっても文化的教養豊かな人で、古代から大陸との交通路の一つだった美作(みまさか)の地域に誇りを持っている人でもあった。
2310081.jpgいつだったか、何がきっかけだったのか忘れたが、もしかすると当時ブームだった横溝正史の『八つ墓村』の舞台はこの地域だったのですね、程度に軽く話題に出したことがあったのかもしれないが、近くどころかこのすぐ上だよと、事件発生当時小学校最上級生だったY叔父が話し始めた内容は、本人の体験談とその父親から聞いた証言で構成された、小説も吹っ飛ぶ生々しいエピソードに溢れていた。かなり詳しく話してくれたので、忘れないうちにA4版2頁に書き留めておいたが、そのメモも本に挟まって残っていたので、これもそのうち文字起こししておこうと思っている。以下の筑波昭氏の本が出版される前に聞き取った内容なので、ほぼ100%に近く、Y叔父が体験した情報で構成されている貴重な記録になると思うからだ。

2310082.jpg『津山三十人殺し 村の秀才青年はなぜ凶行に及んだか』
           筑波昭著 草思社 1981年 1800円

上記のY叔父の話を聞き、メモに書いて間も無くの時期に本書が出版され、Y叔父の話と照合させながら夢中で読んだ記憶がある思い出深い一冊だ。もう40年以上も前になるので内容についての記憶は薄れている。本書を買った時から違和感を感じているのが帯にある「今日頻発する不可解な殺人に通じるものがある」という一文。なぜならこの事件は不可解な殺人ではないように感じるからだ。

2310083.jpg『津山事件の真実(津山三十人殺し) 第四版』 事件研究所編著
                    2021年 1200円

大量殺人事件で紐付けされたためだろうか、辻野弥生著『福田村事件』を購入した直後にネットで見つけた。津山事件とはまったくの別件で、来年は久しぶりにY叔父の息子=私の再従兄弟のところに遊びに行ってみようかと思っていたところだったので、この機会に復習しておこうと本書を購入した。筑波昭本を論理的・批判的に検証していているところに好感が持てた。

2310084.jpg『津山三十人殺し 最後の真相』 石川清著 ミリオン出版
                   2011年 1500円
未読。
石川清氏の2著は上記の事件研究所本が絶賛していて、一読に値しそうなのでまずは購入しておいた。2著を近い内に読んで感想を書きたいと思う。


2310182.jpg『津山三十人殺し 七十六年目の真実』 石川清著
         学研パブリッシング 2014年 1800円
未読。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:9
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター