2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
曲がらずに紙を切る快適さ
2021-09-02 Thu 00:00
この前、ど寒さんのブログにアル助についてコメントを書いた。
 →ど寒ブログ part2:アル助の話

2109023.jpg自分はカッターで紙をカットするとき、定規を抑える力が弱いのかそれとも心理的に途中で気が抜けるのか、たいてい後半のどこかでふにゃ〜っと曲がってしまうのだが、滑り止めのあるアル助を使うと綺麗にカットできる、というたわいもない内容だ。しかし、なぜ、失敗は後半で起きるのかについてはまだ納得できていない。緊張感が途切れて定規を抑える側の力が抜ける?あるいは緊張し過ぎて逆にカッター側の力が入り過ぎる?
「本当の定規」の紹介にも心惹かれた。現在使用中の定規の目盛が擦り切れてほとんど読めなくなっていて、微かに残った目盛を探して計測している有り様なのでこれを買っても良いのだが、金属ではなく透明だったら即時買いなのだが、、、もう少し待つか。
別窓 | 雑感 | コメント:2
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター