2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
ワンセグなし携帯・スマホへの乗り換え その1
2020-04-04 Sat 00:00
・【ドコモ/au/ソフトバンク】ワンセグなし! NHK受信料回避の機種選び
・消えるワンセグ、ハイエンドで搭載は1機種のみ
 NHKは1年前の最高裁判決を追い風に、ある地域にバスで乗り込み、契約員を集団投下して、自転車で個別訪問させ、誘導尋問によって使っている携帯を聞き出し、ワンセグ機能があれば問答無用に受信料契約をさせている。我が家もヨメさんが引っ掛けられて受信料契約させられたのだが、もともとデータ通信を使わない最低契約なのに、使いもしないワンセグのためにNHK受信料の方が高くつくなんて論理的にはありえない話で、このような理不尽な契約は損してでも解約する必要があると、これを機に機種変更してきた様だ。ワンセグなしと言えばiPhoneが代表格だが、最近はワンセグなし携帯やスマホがかなり増えているらしい。そりゃあ、NHK受信料を考えればiPhoneへ乗り換える合理性があるわけで、ワンセグ機能を乗せているばかりに乗り換えられるのは電話機会社にとってもバカらしい話だと気付き始めたのだろう。同時に、NHKのこのドタバタによって携帯・スマホの買い替え需要が高まっていることになるが、電話機会社からNHKへバックマージンが入っているというのは考えすぎだろうか。何れにしても、新型コロナで自宅待機している人が多いこの時期を狙っての姑息な作戦である以上に、見ず知らずの契約員から長々と尋問を受けるのを避け、問答無用に一旦お引き取り願うのが感染リスク回避の観点からは正しい国民の態度だと思う。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:2
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター