2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
感染、発症、重篤化、死亡
2020-02-29 Sat 00:00
・「両肺に起きる急激な異変に注意…」新型コロナ感染者を診察した医師3人を独自取材!大きな2つの特異性とは?
 具合が悪いなぁと感じているところから肺炎へと移行する転機を察知できないのだろうかというのが、肺炎経験のない自分の疑問と感心事だ。若い人でも重篤化しているのをみると、ここの変化が超速なのかもしれない。潜伏期間が長い事、発症初期の症状が軽微な事、一気に両側性に肺炎が起こる事などが新型コロナの恐ろしさと言えそうだ。
 感染者の何%が発症して、発症者の何%が重篤化して、重篤化した患者の何%が死亡しているのか?事態進行中なので参考値ではあっても知っておきたいが良いデータは見当たらない。とりあえず、2020年2月28日正午過ぎの Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSEでは、感染確認数に対する死者数の比率の参考値は以下のようになっている。ただし、どこの国のデータも信頼置けない上に、分母の感染確認数というのが何を指しているのかも不明といういい加減な値であることをお断りしておく。
 中国 3.5%
 韓国 0.6%
 ダイヤモンドプリンセスなど 0.6%
 イタリア 2.6%
 イラン 9.6%
 日本 1.9%
 香港 2.2%
など。

感染状況マップなど”
 ・新型コロナウイルスの事例マップ
 ・新型コロナウイルス 各国の感染状況マップ

・【全国一斉休校、4つの問題・懸念】感染防止の実効性に疑問、社会的弱者にとって過酷
 かすてんの生活圏の子供達を休校にする意味がどのくらいあるのだろうかと疑問を感じる。落下傘に乗ったウィルスが小中学校へ降下してくるのではなく、働きまわっている大人が持ち込んでくる確率の方がはるかに高いだろう。臨時休校の可能性も考えながら、広域複数市町村単位での発症状況に応じて休校措置を取ればいいのにと思うのだが、それはそれで違いが嫌いな日本国民としては、安倍首相の思いつきだろうが国家総動員体制の方が安心できるのかもしれない。
・臨時休校要請も「実情踏まえ柔軟に対応を」文科相
 なんだなんだ、1日でもうぶれまくりのぐずぐずになってきた。

・新型コロナ感染者急増の北海道で厚労省“検査妨害”発覚 政権に忖度か
 どんどん日本人の心が荒廃して行くように政府は悪意増殖政策を行なっているな。
別窓 | コロナ事件 | コメント:3
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター