2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
道南では例年よりも星が見えているらしい
2020-01-31 Fri 00:00
2001291.jpg1月の雨天のことばかり毎日書いてきたが、関東に雨が多い一方で、北海道道南檜山地方の晏次郎さんのところでは、年末以来例年よりも星が見える日が多いようだ。あちらの夏はヒグマに注意しながらの星見だと思うで、真冬に星が見られるのはまたとない機会のことだろう。ただ、北海道だけでなく、雪不足はこれはこれで夏の水不足をもたらす心配もあるのでどこまで行っても心配のタネは尽きない。[画像は、2020年1月11日のものをお借りした]

  →晏次郎のぐうたら日記

と、数日前にこの記事の下書きは準備しておいたのだが、先に晏次郎さんご本人が書かれていた。
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:1
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター