2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
夏へ向かって天狼の話題
2019-06-19 Wed 00:00
これから夏が来ようという時期なのに、季節外れではあるが、天狼の話題。といってもシリウスではなく、土浦駅ビルに開店した書店。
・NEWSつくば:《吾妻カガミ》58 図書館と古書店と新刊店が大集合
 土浦駅西口の空き店舗の一階フロアーに、関東以北最大と言われる古書店つちうら古書倶楽部が開店したのは2013年。2017年11月には、その向かい側にすてきな土浦市立図書館が新装オープンした。そして2019年5月末、土浦駅ビルに新刊書店天狼院書店が開店した。本を探すだけでも、あっちこっち行ける街になってきた。そして、土浦は現在同時並行的にサイクリングの街としてのインフラ整備が進んでいて、駅ビルはその中でも最大の拠点になる。次は、本を探すためだけにとどまらず、何かを探しに土浦の街へ、さらにもっと遠くへと行ってみたくなるだろう。
別窓 | 雑感 | コメント:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター