2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
制限速度の始まりがわからない区間での制限速度は?
2018-04-17 Tue 00:00
春の全国交通安全運動が4月6日から15日に行われていたが、みなさま無難にやり過ごせただろうか。期間前だが、40km/h区間を55km/hで走って捕まった知人がいるが、この地域でこのスピードで捕まるとは運が悪いなぁと同情が集まるだけで、安全啓蒙効果はほぼないと感じられる。むしろ、赤信号になってから交差点へ突っ込んでくる車とか、左折ウィンカーを出しながら右へ膨らんでくる(茨城ルール)車を取り締まって欲しいわ。

1804111.png仕事で時々右図のa地点にある取引先へ行く。行き(緑)はf→c→e左折→d右折→h右折→a。帰り(桃)はa→h左折→g左折→b→cと走る。f→c→eは50km/h区間。
(1)e左折からaまで速度標識は一つもないのだが、60km/hで走って良いのか。
(2)センターラインのあるa-hの道の対向車線(桃)には道路上に補助標識「40」が書かれているが、h→a(緑)の区間も40km/hなのか。つまり対向車線に書かれた反対向きの数字はこちら車線をも規制しているのか。
(3)a→h(桃)は40km/h。hを左折してからgまでは60km/hで走って良いのか。
(4)gを左折して1km走った地点bにある40km/hを見るまでg→bが40km/h区間であることを知る手段がないが、60km/hで走ると違反なのか。h→g間に住みこの区間の職場や畑を往復する人は、h→g区間は60km/hと認識するだろうし、g→bが40km/h区間であることを知る手段がない。
(5)基本的な疑問。道を曲がった場合、それまで走ってきた道の速度制限は無効になるのか?それとも、それまで走ってきた道の最後に通過した速度標識が有効なのか?この場合、どこからその道に入ってきたかに依って、規制内容が複数あり得るという不合理が生じる。

運行を始めた地点によって認識できる制限速度が異なるというのは不合理極まりない。速度制限標識には有効距離があるのだろうか?どなたかに明快なアドバイスをいただきたい。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:3
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター