2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
火星大接近 一生に多くとも4回程度の出会い
2018-03-29 Thu 00:00
1803222.jpg以前にも書いたことがあったかもしれないが、火星のめぐり年を眺めていると、人の一生の短さを悟らされる。

鈴木壽壽子さんについて言えば、
1939年 戦争中
1956年 ご出産
1971年 初観測
 このときの観測をきっかけにその後も火星、月食、宇宙塵の分野で素晴らしい報告を出されアマチュア天文学史と小惑星にその名を残すことになるわけだが、大接近はその年が人生最初で最後のただ一回の機会だった。

自分の場合は、
1956 大大接近 生まれて7日後なので観測不可能
1971 大大接近 中3で天文少年だったが火星の記憶がない
1988  大接近 天文空白期
2003 超大接近 天文空白期
2018  大接近 今回
2035 大大接近 9月2日に皆既日食、9月11日に火星大大接近
        同世代の天文老年はここまでは生き延びようと思っているはず。
別窓 | 『星のふるさと』 | コメント:4
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター