2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
茨城県稲敷地方の民俗の記録 『豊穣記』
2018-02-09 Fri 00:00
1712312.jpg『豊穣記』 松岡斉写真記録 茨城新聞社 2006年 3885円

 松岡斉(いつき)氏は1934年に高知県に生まれ、高校卒業後7年間開拓農業に従事し、その後東京農大に学び、カメラマンを志したらしい。卒業後茨城県の公立高校教諭となり農業指導をしながら、アマチュアカメラマンとして地元の民俗行事を撮り続け、その成果の一つがこの写真集となった。本の帯に阿見町在住と書かれているので、教鞭を執られたのは農業科があった江戸崎高等学校(1907年(明治40)創立の現江戸崎総合高校前身)だったと推測する。松岡氏は外からこの地へ移り住んで来て今だに残る民俗行事に魅せられたが、私も同じ稲敷の地へ移り住んで、いつの時代のことかと聞き返す様な珍しい話をいくつも見聞きした。都会から離れれば形は違えどもどこにでもある風習だろうと思っていたが、そうとも言えないこの地方独特のものも多いようだ。
 写真集は、御歩射の世界、性を祭る、女祭考、若者たちの神々、解説から構成される。ついこの前の記録と言えるが、いずれの地域もこの間十数年で継承の危機に直面していると思われる。

 030120kaibarazukabusha25.jpg私が住む地域は純農村ではないので行事は比較的簡略化されてはいるが、正月には奉社という寄り合いがある(本年が最後だったので、あったと書くのが正しい)。奉社について調べると、徒ちで矢を射る歩射に由来することを知った。私の地域では矢を射ることはしないが、周辺地域の中には1年の豊作を占う神事として今だに歩射を行ってるところもある。[写真は私が見学させていただいた2003年01月20日の貝原塚八坂神社の歩射]
別窓 | 雑感 | コメント:10
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター