2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
竹田城へ行ってしまうと天空の城は見られない
2017-12-03 Sun 00:00
・雲海だけでなく星空も名所 竹田城跡で夜間公開方針
 そもそも、入城者の急増で遺構が痛むことを危惧して入城制限を始めたのではなかっただろうか。訪城者が減るのは織り込み済みというかそれが目的だったと思うのだが?その上、聞くところによると、見学は一方通行で後戻りができないということだから、少なくともお城好きには魅力激減だと思う。1712021.jpgそして、竹田城の人気が出た理由は、雲海に浮かぶ天空の城の写真だったと思うので、それって竹田城へ行ってしまったら見られないわけで、その光景目当ての一般観光客は記事にある「立雲峡」あたりから眺めてるのではないかと思うのだが。お城好きにとっても一般客にとっても魅力がなくなって訪問者が減ってしまったのだろう。そうは言ってもお金をかけて整備したからには激減は困るということのようだ。ただ、山城は昼間でさえ危険も多いから、夜の事故に繋がらない様にして欲しいものだ。
[写真はお城友達ウモさんの『埋もれた古城』の竹田城からお借りした]
別窓 | 城郭・郷土史 | コメント:5
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター