2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
日本から優れた発明を出させないための素晴らしい法律
2015-07-05 Sun 00:00
・中村祐輔:長期の日本出張で感じたこと
 「「自分の研究費がどうなるのか」と困っている声を多数耳にした。しかし、日本の医療や医学研究の将来を語る声は、ほとんど聞かれなかった。あいかわらず、研究分野間で、お互いにパイを取り合って非難している姿は寂しいものだ。」STAP事件は日本の研究者社会の今を象徴する事件なんだと思う。「若い人たちには、もっと大きな視点で物事を考えてほしいと願ってやまない。」もはや日本社会にはそういう人を育てる力も引き止める力もないでしょう。

・社員の発明が会社の物に!改正特許法が成立!個人の開発意欲低下を招く恐れも・・・
 日本から今後優れた発明が出ないようにするには有効な法律だな。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:9
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター