2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
初体験と産みの苦しみ?
2014-05-02 Fri 00:00
この3月、4月で何度病院へ行ったことだろう。
友人の見舞いに加えて高齢の母親の検査-入院-手術-転院が続いていたところへもってきて、あろうことか今度は自分が救急車初体験をしてしまった。青天の霹靂!

24日の夜は久しぶりに星を見て火星スケッチなどの記事をアップし、床に入ったのが25日00時頃。あれあれ、左腰に普段の腰痛とはちょっと違う痛みが出て来た。前日の午前中にも似た様な痛みがあってすぐに治まったので今回もしばらく布団の中で様子を見た。しかし、2時間後に再び痛さが増してきたのでこのまま朝まで我慢できそうにないので夜間救急へ行くことにした。もしも心筋梗塞(ではなさそうだったが)の場合には車内でのモニタリングから緊急手術へスムースに繋げてもらえるのでご近所にはちょっと恥ずかしいが救急車に来てもらった。腰の痛みはますます激しくなるが、心電図の波形は心筋梗塞ではなさそうなのでちょっと安心。あとは、膵臓でなければいいがと思いながら病院へ。救急車ってサスペンションがゆるゆるで身体が揺られてもう痛いのなんの。
尿路結石を疑がって腰のX線単純撮影を撮ってみる。結局写らなかったが症状からは尿管結石で間違いないでしょうということで痛み止めを点滴してもらい水をがぶがぶ飲んで明方帰宅。
1404301.jpg午前中に改めて泌尿器科を受診してCTを撮ると、膀胱手前に引っかかっている2.18mmの石が見つかった。幸いその他の臓器に異常は無さそうだ(内臓脂肪が多いと言われてしまったが)。もう直ぐに出るよとは言われたが、28日朝から再び痛みが出たので薬を追加で出してもらい丸一日それを飲みながら我慢。でも、もう原因が分かっているので我慢もしやすい。
29日は一日中水を飲みまくり飛び跳ねまくったおかげで翌30日の朝一番のオシッコとともにとうとう排出された。便器の底に小さな黒い粒が一つ沈んだので記念にしようと箸で拾い上げ洗って袋に入れたが案外もろくて写真を撮る前に砕けてしまった。色と形状からシュウ酸カルシウムのように思う。

Wikiの尿路結石によると日本人の約15人に1人が一生に一度は尿路結石に悩まされるらしいが、先日の同好会例会では出席者6人中4人が結石持ちあるいは経験者だと分かり結石談義に花が咲いた。
別窓 | 雑感 | コメント:23
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター