2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
空は澄んで桜満開
2014-04-05 Sat 08:17
はくちょう座新星を写してみようと3時に起きてみた。雨は止んでいるが強風のためこれでは屋根を開けられない。

1404051.jpg風の収まった朝の空気は澄み切っていて満開の桜が輝いて見える。あのとき、風さえ無ければ素晴らしい星空だったかもしれないが、風が吹き止んだ直後だから素晴らしい朝なのかもしれない。
別窓 | 雑感 | コメント:7
山崎行太郎氏の「小保方事件」についての論評
2014-04-05 Sat 00:00
文芸評論家の山崎行太郎氏が「小保方事件」について論評している。3月12日以降の記事のリストを作ってみた。タイトルが長いので適当に短くしてある。

・「小保方騒動」の背後には
・「stap細胞の再現実験に成功(?)」というニュースがあるが、何故、このニュースを無視するのか?
・日本の「思想的劣化」と「一億ネット右翼化」「ライトノベル化」が「小保方さん潰し」に結びついている。
・小保方さんが、たとえ、万が一、間違っていたとしても、僕は許す。こういうかたちでの「小保方さん潰し」の方が許せない。
・科学的思考と存在論的思考について考えた。
・「小保方stap細胞報道」を検証する。
・「小保方stap細胞報道」を検証する。
・小保方さんの才能を潰すな!!!
・「小保方博士潰し」に加担した東大教授たちのタワゴト。
・「小保方博士問題」を検証する。
・「小保方博士潰し」に加担した東大教授たちの「言説」を徹底検証する。
・もはや「小保方晴子」個人の問題ではない。何かがある。
・「週刊文春」よ、女性科学者は「ブス」でなければならないの?
・小保方晴子博士の博士論文を追求するならば、竹中平蔵の博士論文のイカサマも追求せよ。
・小保方晴子博士バッシングは相変わらず継続しているようだが、
・マスコミは、何故、小保方晴子博士と、nature論文の共同執筆者である笹井芳樹(元京大医学部教授、理研副センター長 )と丹羽仁志(理研研究員)を同列に論じないのか?
・「非東大京大系」
・週刊新潮のとっておきのネタは「実験ノート」だって・・・(笑)。
・消えかけていた「小保方博士事件」に再び燃料投下。
・三菱重工ビル爆破事件と袴田事件と小保方博士事件。
・「御船千鶴子事件」と「小保方晴子事件」の類似性と相違生。
・「週刊新潮」の「小保方晴子バッシング」の記事は「間違い」だらけである。
・『保守論壇亡国論』で「小保方晴子バッシング」を読む。「小保方バッシング」と「韓国バッシング」の共通性。
・小保方晴子さんが、理研調査委員会の「捏造認定」に対し、「承服できない」と
・小保方晴子博士が、nature論文の「撤回の意向ない」と宣言した。
・諸悪の根源は日本のマスコミやジャーナリズムの「思想的劣化」にある。
・「小保方問題」における科学と科学主義の差異について。
・『曽野綾子大批判』と『小保方博士事件』が暴露した病根は同じだ。

また、山崎氏のブログへコメントを寄せていた『高知に自然史博物館を』のブログ主さんも「STAP細胞」というとても分かりやすい記事を書かれている。このブログ、他の記事も興味深いのでいずれまた紹介したいと思う。

・「STAP細胞は存在しない。もう再現実験をやめる」
 香港中文大学の李嘉豪先生、直後にTwitterも閉鎖してしまった。STAP細胞に有利な立場を取ったり発現をすると恐ろしい目に遭わされるのかもしれない。
別窓 | STAP事件 | コメント:7
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター