2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
理研は信用を失いたいのだろうか?
2014-04-03 Thu 00:00
・武田邦彦:罪は理研にあり・・・悪意の組織が弱い個人へのリンチ!
 4月2日の記者会見で罪を犯したのは理研側だという指摘。

拙ブログ3月17日の記事のコメント欄に「別に理研の信用に傷はついていないと思います。」「ただこの先マスコミやネットの暴力にうろたえてうかつな対応をしないで欲しいものです。」とあるが、あの時点では失われていなかった理研の信用も4月2日の記者会見と小保方氏のコメントの後ではかなり揺らいでしまったと私は感じた。理研は何故小保方氏の主張を隠すという不誠実な態度(まさに隠蔽)を取る方向へ向かったのかというのが理解不能の疑問だ。伝統ある理研の名を地に落としてなお得られるものってなんなのだろうか?
別窓 | 雑感 | コメント:13
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター