2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
これこそが国家転覆
2013-08-05 Mon 00:00
NHK大河ドラマ『八重の桜』第30回の最後の方で、箱館戦争に負けて榎本武揚が投降した後、西郷頼母は妻の辞世の句を胸から取り出し「俺は生きる。生きて会津を踏みにじって行った奴らがどんな新しい国を作るのか見届けてやる」と誓う。会津を踏みにじって行った奴らの子孫らは、今、まさにこの国全土を踏みにじってどこへ行こうとしているのか、という強烈なメッセージと受け散った。

『暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~』の最近の記事をいくつか:
・【福島第1原発】 放射能汚染水の地下水位上昇・海洋流出が止まらない ~もはや危機的状況~
・『日本の獲得「ゼロ」 TPP利害関係者会合出席 内田聖子氏に聞く』
・【福島第1原発】 フクシマで今、確実に何かが起きている ~繰り返される国家権力・東電による情報隠蔽~
・マレーシアでの茶番劇の裏で”TPPの黒幕”たる欧米資本「アフラック」が日本郵政を食い物に
・福島からの避難者らが作成した『マンガで読む「改憲」』
・日本のTPP交渉参加が正式承認されるも時すでに遅し ~真実を報道しない大手マスゴミ~
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:6
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター