2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
2013年 星始め
2013-01-01 Tue 05:17
1301013.jpgあけましておめでとうございます。

 星戀のまたひととせのはじめの夜
 初春といひていつもの天の星

今年も例年と変わりなく、いつもと変わりない天の星を詠む山口誓子のこのふたつの句とともに始めよう。

1年前の元日には「平年であれば往く年を水に流し来たる年を希望とともに迎えたいと思うのですが、この年越しでは決して水に流してはいけないことが山ほどありました。」と書きました。それから1年、この国の人々はもう水に流してしまったのかと愕然となる年の瀬でしたが、そういう自分も日々の忙しさの中に大切なものをうっかり流してしまいそうになることを反省しつつ1年前を振り返りながら年を越しました。

1301011.jpgリニア彗星(C/2012 K5 Linear) 大彗星の年2013年の年頭を飾るに相応しいのはこれだろう。とにかく速い速い。韋駄天のように北の空を横切って行く。

1301012.png超新星SN 2012ht 月齢18.8の月明かりが近くにあって3cmファインダーで目的天体を中心に入れるのはたいへん。一か八かで撮っておいたが、辛うじて写野へ収まっていて良かった。遊佐徹さんのTweetによると、12等台になっているこのSN2012htは、2012年の最も明るい超新星だそうだ。

二天体の撮影の後は、バーティノフマスクを使ってNCT-12のピント確認、手動導入の生命線3cmファインダーの調整、EdgeHD800のファインダーの調整、極軸の調整をまとめて行った。

 この朝もいつもと変わらぬ星始め

いつもと変わらないとは言いながらも、調整作業を終えて気持ちの新たまる2013年の星始めだ。その後、今年は快晴にも関わらず太陽を拝めない初日の出となった。
別窓 | 雑感 | コメント:2
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター