2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
15日ぶりのハーゲンローザー彗星
2012-11-08 Thu 00:21
121107.jpg10月23日にカタリナ彗星とのツーショットを撮って以来15日ぶりのハーゲンローザー彗星(168P/Hergenrother)だ。随分暗くなった感じがする。尾もほとんど写らなくなった。

今夜の観測:R And7.9等、ο Cet5.9等、R Lep7.7等。22時32分、ペルセウス座からオリオン座へ明るく大きな流星が飛んだ。
別窓 | 観測日記 | コメント:2
10月の晴天日数
2012-11-07 Wed 00:00
上旬はちっとも晴れないと感じたが、中旬になると好天が続き、ハーゲンローザー彗星やその他の彗星の撮影を楽しめた。10月の天気としては若干回復傾向かもしれない。

____一昨々々々年一昨々々年_一昨々年_一昨年__昨年__今年
すごい星空!  0夜   0夜   0夜  0夜  0夜  0夜
3等星が見える10夜  11夜   6夜  4夜  6夜  9夜
1等星は見える 7夜   0夜  12夜 11夜  4夜  7夜
別窓 | 晴天記録 | コメント:0
11月2日 オオヒシクイ飛来
2012-11-06 Tue 00:00
1211034.png11月2日、オオヒシクイが稲敷市江戸崎近郊の稲波干拓地へ飛来したという記事が常陽新聞ネットニュースに載っていた(左画像)。1211035.jpg初日は11羽。昨シーズンは過去最高の87羽になったが、今シーズンは何羽が戻って来てくれるだろうか。
[右写真は常陽新聞JOYOnewspaperより]
別窓 | 観測所の周辺 | コメント:0
つくばサイエンスコラボ2012
2012-11-05 Mon 00:00
121103.png先日来話題にしている放射線を視覚化する装置「霧箱」に関連してお知らせいただいた「つくばサイエンスコラボ2012」というフェスティバル、11月17日(土)〜18日(日)につくば市のつくばカピオを会場に行われる。

「つくばサイエンスコラボ2012」というのは「つくば科学フェスティバル」と「つくば環境フェスティバル」と「つくば3Eフォーラム」の統一したイベント名称だそうだ。詳しくは以下のページをご覧下さい。

 →つくばサイエンスコラボ2012(科学と環境のフェスティバル)
 →つくば3Eフォーラム
 →つくばキッズニュース:つくば科学フェスティバル2012

このような催しが行われていることをつい最近知ったのだが、ご常連のみゃおさんがこの企画の立ち上げに貢献したお一人だというエピソードもそのときに伺った。

なお、KEKの霧箱実験に参加するには整理券が必要とのこと、希望者は上の1番目のリンクから整理券配布情報を確認してください。
別窓 | 遠征・観望会・プラネ | コメント:0
1年ぶりの観望会 稲敷市文化祭星空観望会
2012-11-04 Sun 00:00
1211032.jpg天候に恵まれ、稲敷市文化祭の星空観望会が開催された。昨年に比べて参加人数は少なかったがなかなか中身の濃い会だった。小学生の時からお付き合いのあるF君はすでに高校生、天文についての知識もしっかり身に付いている。また、最近柏から稲敷へ来て星の多さに感動したと言うご夫妻は、廉価の望遠鏡を買って月は見られたものの木星をどうしても導入できなかったと言われていたので、本体とファインダーが平行になる様に事前に(昼間のうちに)調整しておくといった望遠鏡の基本的な使い方を説明させてもらった。

1211033.jpg今回役に立ったのがiPod touchに入れてあるアプリ「iステラ」。天体を見慣れていない方にいきなりこれがM57リング星雲ですと眼視で見てもらってもそれこそ雲を掴むような感じだと思う。見てもらっても首を傾げているみなさんに写真ではこんな感じですとご覧頂いた後もう一度望遠鏡を覗いてもらったところ「分かった」「見えた」という声が多数帰って来た。今夜の観望対象は、アルビレオ、M57、M31、天王星、M45、木星。

稲敷市の一般公開型の星空観望会は、市立歴史民俗資料館主催の観望会が無くなってしまった現在、この稲敷市文化祭関連企画が唯一で1年に1回だけだ。市の職員に聞くと別の企画を計画中とのことなので、その早期実現に期待したい。

F君との別れ際「来年は中学時代の天文少女たちも誘ってここで集まりなよ」と言っておいた。
別窓 | 遠征・観望会・プラネ | コメント:24
晴天予報 今夜は曇りでも良いが明日の観望会は本当に晴れてくれよ
2012-11-03 Sat 00:00
1211023.jpgあれれ、今夜は晴天のはずなのだがこのむら雲が全天を覆っている。あと1時間程待ってダメならば寝てしまおう。

明日は稲敷市文化祭の星空観望会が予定されている。予報では晴天なのだが、今夜のような晴天予報は勘弁して欲しい。

星空観望会 
 会場:稲敷市立桜川中学校天体観測ドーム
 時間:19:00〜20:30 (雨天・曇天中止)
   お近くの方、お時間のある方、ご参加ください。
  →第8回稲敷市文化祭 案内チラシ
別窓 | 遠征・観望会・プラネ | コメント:0
最低の体験にさせなかったApple
2012-11-02 Fri 00:00
1210302.jpg9月12日に発表されたiPod touch 第5世代、ちょっと出遅れたが18日に予約を済ませた。10月9日頃から販売が始まっていたが、刻印入りにしたということもあって待たされて待たされて10月22日に漸く到着。開封してみると、軽くて薄くて美しい。

ところが、ここから先にとんだ展開が待っていた。この個体はまったく充電も認識もできない見事な不良品だった。これにはガックリで、その夜は星も出ていたが屋根を開ける気分にはなれず悶々。明日の朝、サポートへ朝一番に電話しても、繋がるまでに何分待たされるのかと憂鬱な気分になりながら床に入った。

翌朝8時過ぎにAppleホームページからサポートへアクセス。シリアル番号を入力、トラブル内容を選択、話をしたいを選択、予約時刻を12時00分頃に指定。

12時03分、待ち時間3分で携帯が鳴った。最初に一般的な確認をして、トラブルの症状を説明。実機を見てもらわなくてもまず間違いないレベルまで症状の切り分けをしておいたのでその詳しい情報を提供。オペレーターから「一旦回収して調べて返却」の提案。私「それ以外に提案は無いの?」オペレーター「ご提案できるのはこれだけなのです」ならばとここで一言言わせてもらった。「Appleは最高の体験をさせてくれる会社なので35年間ファンだしユーザーだったのに、これは最低の体験だよ。1日でも使って愛着が湧いたならともかく、一瞬も動いていないものを修理完了しましたと返却されて使い続けるなんて悲し過ぎるよ。」こちらの気持ちを伝える間、オペレーターはひたすら謝り続け。言い終えた後に「この不良品をそっくり引き取ってくれるならば、この電話を切った直後に新たに購入の手続きをしたいんだ」とこちらの希望を提案。これはすぐに了承が取れ、返品対応の係へ繋いでもらい手続き完了。ここまで電話でのやり取りに30分。相手を責めることも無く、こちらの希望に添った対応をしてもらえたと感じる。

121030.jpg電話応対の空き時間を利用してAppleストアでの再購入の最後のボタン直前まで準備をしておいたので、電話を切って最終クリック。出荷まで5-7営業日と表示される。ということは、最速で29日出荷、最速で11月02日到着ということか。ところが予想した最速の日付よりもさらに5日早い10月28日、購入手続きからわずか5日で到着した。想像ではあるが、AppleストアからHigh-PriorityあるいはExpressでの出荷指示が行ったのだろう。刻印入りでなかったら国内出荷で翌日には届いたかもしれないくらいの超特急処理だ。

こうして、今回もAppleは私に最低の体験をさせるどころか、なんだか却って良い印象を残してしまった。後ろからヨメさんの「これだからAppleファンは甘いんだよね」という声が聞こえて来るのだが。
別窓 | Macで天文 | コメント:6
11月の星空予習
2012-11-01 Thu 00:00
★ 5日頃 おうし座南流星群 極大ははっきりしない
★12日頃 おうし座北流星群 極大ははっきりしない
★14日 オーストラリア北部(ケアンズ)皆既日食 晴れるといいですね
★16日 火星(1.2等)と月が接近
★17日 しし座流星群極大 輻射点が上がって来るのは23時以降
★24日 準惑星ケレスがM35に接近
★27日 金星と土星が接近
★28日 半影月食

今夜の観測:ο Cet5.1等、β Lyr3.8等。

 快晴も霞も同じ 秋の月
満月前後の明るい秋の月の下では、快晴でも霞でも同じ様にほとんど星は見えない。
別窓 | 観測準備 | コメント:0
BACK | 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター