2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
『「地球温暖化」神話 終わりの始まり』
2012-06-26 Tue 06:17
120419.jpg 『「地球温暖化」神話 終わりの始まり』 渡辺正著
       丸善出版 2012年 1800円

ちょうどこの本を読んでいる時に武田先生もCO2と温暖化のことを書いていた。
・武田邦彦:二酸化炭素(CO2)だして温暖化するのはとても大切
その中に載っているこちらも面白い。
・地球はCO2で温暖化した方がいい1/3 2/3 3/3

化石エネルギーをわざわざ無駄遣いする必要は無いと思うので武田先生説は俄には信じ難いが、それにしても、地球温暖化やCO2悪玉説については原発同様巨大な利権が絡んでいるようで、科学的な真理とは別なところで議論が展開して来たらしい。そういう目で見ると、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は原発ムラのICRPの様にも見えて来る。

地球温暖化問題は、何事もまず疑ってみようという良い例題ではあるが、疑うことそのものがけっこうな知的作業だし、疑うに止まらないでその後には知識と情報の再構築をして新しい視座を持たなくてはならない。そういう力を養うことは一朝一夕にはいかないが、これも日々のトレーニングなのだろう。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:5
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター