2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
これ以上の節電は極端すぎ むしろ「増電」の方が正しい?
2012-06-12 Tue 00:00
・大飯原発再稼働へ泉田新潟知事が鋭い疑義

・「フクシマ・ショック」から1年 再び加速しはじめた世界の原発政策 ~裏で暗躍する国際原発マフィア~

・4畳半で良いじゃないか?!・・・行き当たりばったりの大人
 武田先生が言うには、「日本のように世界でもっともGDPに対してエネルギー消費が少なく、電気の消費量は国民一人あたりアメリカの2分の1という国ですから、これ以上の節電は極端すぎます。むしろ「増電」の方が正しいでしょう。エネルギーは活動の源です。無駄に使うことは良くないことですが、電気の消費量を減らすのは日本の衰退につながります。「贅沢」と「活動源」を区別して、「贅沢」の方から削減していくことが大切です。それに「節電」は電力会社の経営の失敗、国の原子力安全の失敗、それに国が膨大な税金を原発にだしていたことの失政をカバーする行為であることも同時に知る必要があります。」「贅沢」と「活動源」を区別するのもけっこう難しそうだ。ゴミテレビ放送の様な無駄遣いは仕分けした方が良いと感じるが、ゴミ放送も案外経済には貢献しているのかも(長期的には国民を白痴化して国力衰退に繋がるだろうが)。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:2
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター