2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
こんなアホとは種類がちがう
2012-06-09 Sat 00:00
ちょっと時間が取れないでいるとすぐに溜まってしまう。そうこうしているうちに、ノダブタによる期間限定解除再稼働会見が行われた。

・大飯原発再稼働問題 野田首相「夏限定では国民の生活守れない」

・市民や保護者は「危険を科学的に示す」必要はありません

・崩れた専門家とNHKのタイアップ 誤報をし続けるNHK

・子どもの甲状腺検査・・エコー画像や検査データもらえないんだって、、
 露骨な人体実験データ収集。

・これが野田首相の法律意識、人権意識

・枝野「知ってたけどみんな知ってると思って言わなかっただけだ」とか言ってます。

・霞ヶ関は東電から電気を買わない
 霞ヶ関は東電の値上げでは堪えんのか。こういう発電会社、個人へは売ってくれないのかな?

・暗躍する東京財団

・茨城県高萩市の山林の放射能を微生物浄化
 山林の放射能が低下したのは喜ばしいことですが、その微生物は何処へ拡散して行ったのか、普通はその点が一番気になると思うのですが。別の科学理論が支配する世界での話のようです。

・佐久間達哉東京地検特捜部部長(当時)が、検察審査会提出資料に恣意的な編集を行っていたことが判明。数多の冤罪事件に関与している人物。
 冤罪を1件でも仕立てたら重き罪科を処されて当然と思う。無実の者の限られた人生の時間と自由を奪うとは、冤罪とは最も罪深き犯罪だ。意図的に冤罪を作ったとすれば最高刑が相当と思うが、意図せず冤罪を作った場合も法律のプロとしての能力に欠ける訳で免許取り消しが相当だと思う。冤罪に陥れられた者が牢獄で死んで行く一方で、冤罪を作った者は法外の給料を手にして幸福な人生を終えるなど許されてはいけない。

・こんなアホとは種類がちがう

・専門家が指摘した断層の活動を専門家ではない保安院が可能性否定
 壊れた人たちには一刻も早く要職からいなくなって欲しい。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:14
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター