2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
小さい頃よく突然鼻血を出していた
2012-05-18 Fri 00:00
・小さい頃よく突然鼻血を出していた。
 出した出した、60年代。そして70年代には鼻血ブーなんて流行語もあったけど、笑ってる場合じゃなかったのかも。谷岡ヤスジ、早死にだったな。

・再稼働で事故が発生したら責任をとれるのか?
 再稼働を言う人には、事故が起こった時の対処法と責任の取り方を語ってもらいたい。311以前であれば「もしも事故が起こったら」の仮定でも許されたが、今は仮定でなく「事故は起こる」のだから。この期に及んでなお責任を取る気のない人、取れる資力のない人は再稼働言う立場にはないと思う。

・故郷が無くなるかどうかの想像力よりも票読みが大事。
 たとえ地元の経済が滞ったとしても、世界と未来の人々を事故に巻き込む権利まではないのではないか。票田が全世界という認識だとすると、巻き込む世界も限定的と居直るかもしれないが。

・日本政府は、核で気が触れたな。
 核で気が触れたというよりも、気が触れていたことが明るみに出たというべきでしょう。政府だけではない事も。

・NHK首都圏スペシャル:番組に寄せられたメールを紹介します。
 工作員が出没していると話題になっているご意見板。全部読み切れないが、ところどころにそれらしき書き込みが。
 →NHKの投書は、どうも玄海の当初と同じにおいがする
 →「小生も西地区の米しか家族に与えていません。死ぬまで変わりません」(40歳女性千葉県)
 →もはや笑えるな。
 もしかしたら工作員も己の行為を客観的に見つめるとき、他者との関わりの中でしか自己の存在を確認する術は無いことに気づき、意識してか無意識かはともかく気づかせてのリアクションを求めているのではないだろうか。でなければ、こんな頭隠してお尻丸出しの文章おかしいでしょう。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:8
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター